FC2ブログ

蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

冬のシリウス/Dynamite!!ライト級カード

年末「Dynamite!!2009」の
DREAM対SRC対抗戦追加対戦カードが発表された

ついに
待ちに待っていたライト級の2試合
 青木真也(DREAM) vs 廣田瑞人(SRC)
 川尻達也(DREAM) VS 横田一則(SRC)
ライト級のチャンピオン同士!
そしてそのトップ・コンテンダー同士!

記者会見の一触即発ムードといい
タイトルマッチを壊されて不機嫌モードの
青木と川尻には悪いが
まさに日本人ミドル級では最高峰の大期待のカードだ
このカードの緊張感はまさに
アート・ベアーズのダグマーのヴォーカルか
アート・リンゼイの超ノイジーなギターかというような
(…って わかりにくい)


さて 昨日は某プロジェクトの完成祝賀会でブログ書けず
そして今日は職場の忘年会を一次会で抜けて帰って来て
ようやく2日ぶりのブログ更新

帰りに宮崎県庁の夜景を撮ってみた

12月 夜の宮崎県庁

撮影したのは21:30頃だけど
そこに旅行客らしい女性5、6人が
タクシー2台で乗りつけて来たので ちょっと驚いた
ここが県内有数の観光地になってしまうとは
数年前には思ってもみないことだった

帰り道 歩きながら見上げた空に
オリオン座 こいぬ座 おおいぬ座の
ベテルギウス プロキオン シリウス
冬の大三角形

そしてオリオン座のリゲルから
おうし座 ぎょしゃ座 ふたご座の
アルデバラン カペラ ポルックスと広げて
冬の大六角形

冬の星座がくっきりと見えて
この時期の星空は本当に美しい

シリウスの名前がちらっと出たので
スティーヴ・ハケット SteveHackett の
『侍祭の旅 Voyage of the Acolyte』
6曲目「Star of Sirius シリウス星」

ヴォヤージ・オブ・ジ・アカライト(紙ジャケット仕様)ヴォヤージ・オブ・ジ・アカライト(紙ジャケット仕様)
(2006/02/15)
スティーヴ・ハケットスティーブ・ハケット

商品詳細を見る

このハケットの1stソロの
美しいクリスタルを見るかのような澄んだ叙情性は
ある意味ジェネシスを超えていると思う
スポンサーサイト



別窓 | ブリティッシュ・プログレ | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ツイッターのアイコン変身・変身また変身 | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | ホット・コーヒー飲んでホット・ラッツ>>

この記事のコメント

おはようございます、トミヤンです。
宮崎県庁は本当に全国的に有名になりましたね!
(トミヤンもいつか行ってみたいです・・)
最近は自分の住んでいる町からほとんど出ません(笑)。

ついにでましたね!(笑)
スティーヴ・ハケット Steve Hackett の
『侍祭の旅 Voyage of the Acolyte>』
この作品は大~大すきな作品です。

当時ジェネシスも中世から現代ニューヨークへと場面が変わってしまい、ピーターも脱退、すこし気落ちしていたのですが、
この『侍祭の旅 Voyage of the Acolyte>』で一気に元気になりました。
あの初期のジェネシスの独特な中世の不思議な雰囲気というか
あれはスティーヴ・ハケットによるものだったのか?
なんて思ってしまうほど、ジェネシスらしい世界感だったですね。
(トミヤンはこういうのにめっぽう弱いです・・笑。)

この「名盤」を持って出かけました。
トミヤンの付録ブログ「迷盤と旅」にもよろしかったらどうぞ~!
     ↓
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/01/part2with.html
2009-12-23 Wed 07:25 | URL | トミヤン #mJffUBJo[ 内容変更]
おはようございます。

試しにyoutubeを検索したらupされていたので試聴してみました。
叙情的で良い曲ですね。
考えてみたら、自分がプログレに興味を持ったのは学生時代にprogfanta氏や向日葵氏のレコードコレクションをいろいろと拝聴したのきっかけです。紹介曲、これからもチェックさせていただきます。
http://www.youtube.com/watch?v=26spJBRZRsg
2009-12-23 Wed 07:43 | URL | kirryfow #RXUONFxQ[ 内容変更]
トミヤンさん、どうもです~。
トミヤンさんの「迷盤と旅」、いいですね~!
こういう旅行記を拝見しつつ、
行ったことのない土地へと想いを馳せるのは楽しいです。
ゆっくりと読ませていただきます。

ハケットの『侍祭の旅』は、本当に素晴らしいアルバムで、
アナログ盤で初めて聴いたときも衝撃的でした。
ときにジェネシスよりストレートにハードで、
ときにジェネシスより甘美な叙情性があり、
曲想はバラエティに富んでいながら、
一貫してそこはかとない寂寞感が感じられるところなど、
完璧だと思います。

これからも私的名盤の話をいろいろとお願いします。
2009-12-23 Wed 17:34 | URL | progfanta #-[ 内容変更]
kirryfowさん、どうも~。
久しぶりに会話が交わせるようになってうれしいです。

あの当時ははすでにプログレ氷河期に入っていて、
買おうにも限られたアルバムしか手に入らない状態でした。
今や、専門ショップからもネット通販で購入できるし、
amazonでも結構マニアックなプログレ・アルバムが見つかるし、
さらにyoutubeでは、押さえておきたいたいていの曲や
なかには貴重なライブ映像まで視聴できるのだから、
まさに隔世の感があります。
今になって昔を一気に取り戻しているような気がします。

これだけ楽しめることがいろいろとある今の時代は、
捨てたもんじゃないですね。
あと、この楽しみを享受できる状態をどうやって
維持していくかです。
うまく立ち回れるように頑張りましょう~。
2009-12-23 Wed 17:50 | URL | progfanta #-[ 内容変更]
シリウス、ロマンチックですね。
こちらこそ、リンクしていただいていて
ありがとうございます。
私のブログは、私のくだらない愚痴が中心なんで
誰かからリンクしてもらえるとは夢にも思わなかったので。

この頃、不思議とよく聴くのがジェネシスなんです私。
やっとジェネシスの本当の良さがわかってきたのかなぁ。
五大プログレバンドと言われる中では、
一つ落ちるみたいなイメージですが、
ホント英国のバンドって感じ・雰囲気があるのはジェネシスですよね。
progfanta さんの好きな、怪奇小説の世界にも似た
その世界観がいいですよね。
ピーター・ガブリエルが抜けたあとは、
その怪奇趣味がなくなりポップで聴き易くなったのかなぁ。
ハケットのヴォヤージ・オブ・ジ・アカライトを聴くかぎり
ハケットも幽玄な幻想・怪奇系が好きそうですが、
あとから入ったメンバーだから、発言権があまりなかったのかな。
2009-12-23 Wed 20:30 | URL | 大津田りる #yaN4DptU[ 内容変更]
りるさん、どうも~。
りるさんのブログは楽しいです。
これからもよろしくお願いします。

私も、五大プログレバンドの中で、
良さを実感できたのはジェネシスが一番最後でした。
でも、おっしゃる通り、中世期頃からの英国の雰囲気を
もっとも感じられるのはジェネシスだと思います。
やっぱりこの英国情緒がいいですね~。

ジェネシスのギタリスト出身と言えば、
ハケットだけでなくアンソニー・フィリップスも、
すばらしい叙情派ソロ・アルバムを出してます。
『ギース&ゴースト』も大好きなアルバムです。

ハケットも80年代に入るとかなりポップになってきて、
楽曲の完成度は高くてもやはり何か物足りなく、
個人的にはやはり1stソロが最高傑作だと思います。
2009-12-23 Wed 21:27 | URL | progfanta #-[ 内容変更]
幻想・神秘・怪奇の世界、そこは見つけたのですが、どうすれば参加できるのでしょうか?
投稿をすることができないのですが……詳細を教えていただけたら幸いです。
2009-12-23 Wed 22:06 | URL | save #-[ 内容変更]
saveさん、ありがとうございます!

早速、コミュニティ参加の方法ですが、
コミュニティ概要のページにある表の一番下に
「コミュニティに参加」の欄があります。
その欄にある「参加する」のボタンをクリックすれば
メンバーに加入できると思います。

それから「新着トピック」にあるトピック名をクリックすると
コメントを書くページが表示されます。

どうか、よろしくお願いします。
2009-12-23 Wed 22:16 | URL | progfanta #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |