蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ジョージ・ハリスンの誕生日


ジョージ・ハリスン George Harrison
「Beware Of Darkness ビウェア・オブ・ダークネス」(1970)

今日はジョージ・ハリスンの誕生日。ぼくの洋楽の入口はビートルズ、という当時の王道(すでに解散していたけど)からだったけど、そこからプログレへと興味が向かうとき、ジョージ・ハリスンの東洋志向や電子音楽の試みはジョンのナンセンス/前衛志向とあわせてかなりの部分影響された。ビートルズのミュージシャンとしてのテクニックは、ポール・マッカートニーが少し秀いでているぐらいであまり高い評価をされることがないけれど、そのアイディアと万人の心に訴えかけるセンスには奇跡的なものがあった。メンバー変更が最初期(メジャー・デビュー前)だけというところもよかった。それらの点は、ヴォーカル専任のメンバーがいないというところも含めてぼくの愛するピンク・フロイドとの共通点とも見える(フロイドの場合は、初期とはいえメジャー・デビュー後にメンバー変更せざるをえなくなったけど)。

さて、ジョージ・ハリスンの初期プログレ的な1st&2ndソロ『Wonderwall ~不思議の壁』(1968)、『Electronic Sound ~電子音楽の世界』(1969)は以前この蒼空ブログでも触れさせてもらった。今日の曲は、続く傑作3rdソロ『All Things Must Pass ~オール・シングス・マスト・パス』(1970)のアナログ盤(なんと3枚組)の2枚目1曲目。もし、70年代プログレ・アルバム的に邦題をつけるとしたら『万物流転』だろうか。この曲はアメリカで90年代から活動するプログレ・バンド、スポックス・ビアードがカヴァーし、1996年の2ndアルバムのタイトルにまで採用している。ジョージらしい内相的なセンシティヴさと、UKの翳り的な重みが同居している、派手ではないが印象的な曲。バックの演奏は「いとしのレイラ」が有名なデレク・アンド・ザ・ドミノス。

『電子音楽の世界』は、シンコー・ミュージック刊『UKプログレッシヴ・ロック メインストリーム・エディション』(2004)に掲載されていて、そのアルバム内容からしても納得したのだけど、なぜか『オール・シングス・マスト・パス』も載せられていて意外に思った。その評には「プログレではないが周辺作品としては最高級の1枚だ」とあって、同じくその下にはポール・マッカートニーの『ラム』(1971)『バンド・オン・ザ・ラン』(1973)が並んでいた。(ビートルズは『リボルバー』(1966)~『アビイ・ロード』(1969)までのうちの4作が掲載)こういったセレクトがこのシンコー・ミュージック・プログレ本の好きなところだ。


【2月25日~今日は何の日】
箱根用水完成の日(1670年) /夕刊紙の日(1969年『夕刊フジ』創刊) /エドゥサ革命記念日 (フィリピン/1986年) /ルノワールの誕生日(1841-1919) /ジョージ・ハリスンの誕生日(1943-2001) /道眞忌・菅原道眞の忌日(845-903) /茂吉忌・斎藤茂吉の忌(1882-1953)
 
スポンサーサイト
別窓 | ビートルズ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<スタインベックの誕生日にキャメル | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | ネコの日にプッシー/ブラック・キャット・ボーンズ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。