FC2ブログ

蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

デレク・シャルマンの誕生日


ジェントル・ジャイアント Gentle Giant
「On Reflection オン・リフレクション」(1978 Live)

今日はジェントル・ジャイアントのデレク・シャルマンの誕生日。デレク(vo, g, b, sax)は兄のフィル(vo, sax)、弟のレイ(vo, vln, tp、b)と共にサイモン・デュプリー&ザ・ビッグ・サウンドというR&Bバンドを経て、1970年にヴァーティゴ・レーベルから6人編成のジェントル・ジャイアントとしてデビュー。テクニカルなマルチ・ミュージシャンが揃ったプログレ的にはこの上なく素晴らしいバンドであったが、それがなかなか本国での人気に結びつかなかったというのがなんとも残念。むしろ、本国以外のアメリカやイタリアで支持され、影響を与えた。しかし、現代ポピュラー音楽と伝統音楽とアヴァンギャルドな実験性のそれぞれの絶妙なバランスの上に成り立ったジェントル・ジャイアントの音楽は、今、70年代のプログレ・ムーヴメントを振り返るときには絶対に外すことができない。シャルマン三兄弟のうち、長兄のフィルはライヴ・ツアー生活への疲れを理由に4th『Octopus オクトパス』までで脱退してしまうが、デレクとレイは1980年のラスト・アルバムまで在籍し、デレクは一貫してリード・ヴォーカルを務めた。今日の曲はその全盛期を代表するアルバム7th『Free Hand フリーハンド』(1975)から、極めつけの2曲目「On Reflection オン・リフレクション」の1978年BBCライヴ映像。曲構成を変えて、この技工的な曲を余裕で演奏している。最高!

ジェントル・ジャイアントは1977年リリースの9th『The Missing Piece ミッシング・ピース』以降はポップでストレートな作風に路線を変更した。しかしそれが、旧来のファンの支持を失う結果を招いてしまい、1980年の11th『Civilian シヴィリアン』を最期に解散を余儀なくされてしまう。現在でも、その後期3作はあまり触れられることのないアルバムなのだけれど、今聴き直してみると、これが出来が悪いということは全然ない。ラスト・アルバム『シヴィリアン』のさらにラストを飾る曲(CDでのボーナス曲を除く)も挙げておきたい。


ジェントル・ジャイアント Gentle Giant
「It's Not Imagination ノット・イマジネーション」(1980)


【2月11日~今日は何の日】
建国記念の日(1966年~) /文化勲章制定記念日(1937年制定) /万歳三唱の日(1889年帝国憲法発布記念式典) /干支供養の日(干支置物を土に還す日) /仁丹の日(1893年創業・1905年発売) /イスラム革命記念日(1979年) /トーマス・エジソンの誕生日(1847-1931) /折口信夫の誕生日(1887-1953) /ルネ・デカルトの命日(1596-1650) 
 
 【今日のMEMO】
★ユニヴェル・ゼロ Umivers Zero 来日公演(東京・吉祥寺スターパインズカフェ)~2月12日(日)

スポンサーサイト
別窓 | ジェントル・ジャイアント | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<スティーヴ・ハケットの誕生日 | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | 左利きグッズの日にソフト・マシーン>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。