FC2ブログ

蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ジュール・ヴェルヌの誕生日にジュルベルヌ


ジュルヴェルヌ Julverne
「Moon Song ムーン・ソング」(1984)

今日は"SFの父"と呼ばれるフランスの小説家、ジュール・ヴェルヌ(1828-1905)の誕生日。冒険心にあふれ、イマジネーションをかきたて、かつ19世紀へのノスタルジーも感じさせるその作品群は、20世紀以降、映画の題材とされてきた。

 『地底旅行』(1864) →映画『地底探検』(1959)、映画『センター・オヴ・ジ・アース』(2008)
 『月世界旅行』(1865) →映画『月世界旅行』(1902)
 『海底二万里』(1870) →映画『海底二万哩』(1954)
 『八十日間世界一周』(1873) →映画『八十日間世界一周』(1956)、映画『80デイズ』(2004)
 『神秘の島』(1875) →映画『SF巨大生物の島』(1961)
 『必死の逃亡者』(1879)→映画『カトマンズの男』(1966)
 『十五少年漂流記』(1988)→様々な少年(少女)漂流物のモチーフとなる。

ガイナックスの出世作である庵野秀明・総監督のTVアニメ『ふしぎの海のナディア』(1990-1991)も『海底二万里』『神秘の島』を原案としている。

さて、今日の曲はベルギーのチェンバー・ロック・バンドで、その名もずばり、ジュール・ヴェルヌから取ったというジュルヴェルヌ(綴りはJulverne/ジュール・ヴェルヌの綴りはJules Verne)。民謡、クラシックの要素を取り入れた作風で、1979年に『Coulonneux 伝書鳩飼育家』でアルバム・デビュー。「ムーン・ソング」は1983年の自転車の貴婦人を描いた懐古的なジャケットが人気の3rd『Emballade... アンバラード(魅惑のバラード集)』の3曲目。ちょうど今夜は満月でもある。アルバムはラグタイム、スウィング、シャンソン等の曲をアコースティック楽器のみでノスタルジックに演奏した異色作品集。こういうアルバムまでカテゴリーの中に取り込んでしまうというのもプログレッシヴ・ロックの世界の魅力のひとつだろうか。いや、どう聴いてもこの曲は"ロック"ではないけれど… しかし、優雅な中にどこか妖しい毒気を感じることも確か。


ジュルヴェルヌ Julverne
「Original Rag オリジナル・ラグ」(1984)


【2月8日~今日は何の日】
〒マークの日(1887年逓信省のマーク決定) /ロカビリーの日(1958年有楽町の日劇でウェスタンカーニバル) /針供養 /ジュール・ヴェルヌの誕生日(1828-1905)
 
スポンサーサイト
別窓 | 辺境プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<風の日にウィンド | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | 北方領土の日にエルドン>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。