FC2ブログ

蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

フィル・コリンズの誕生日


フィル・コリンズ Phil Collins
「Take Me Home」(2004Live)

今日は元・ジェネシスのドラマーフィル・コリンズの誕生日(1951-)。ジェネシスに3rdアルバム『怪奇骨董音楽箱』(1971)から参加しているが、ドラマーとしては4代目(初代ドラマーはなんとピーター・ガブリエル)。実質的リーダーであったピーター・ガブリエルの1975年の脱退後、リード・ヴォーカリストになり、ポップな方向へバンドの路線を変更し、世界的な成功をつかむ。1996年、ジェネシスを脱退(2006年復帰)。ジェネシスと並行してはジャズ・ロック・バンドのブランドXにも参加(1976~1977/1979-1982)し、ドラマーとしてのテクニシャンぶりを十二分に発揮している。現在は病気のため楽器演奏もままらなくなり音楽界を引退しているが、プログレッシヴ・ロックのみならず、メジャーなポップ・シーンでも優れた作品を発表し続けたその功績はいつまでも消えることはないだろう。
今回、フィルのドラマーとして、そしてヴォーカリストとしての魅力が伝わってくる映像として選んだのは、2004年6月のパリ公演『Finally: The First Farewell Tour』からのもの。『No Jacket Required フィル・コリンズⅢ』(1985)10曲目のシングル・カット曲。元フランク・ザッパ-マザーズ・オブ・インベンション、元ウェザー・リポートで後期ジェネシスの常連ツアー・メンバー、チェスター・トンプソンとのツイン・ドラム。
この会場との一体感! ただもう圧巻! 素晴らしい! 泣ける程に…

そしてこちらは、フィルのジェネシスにおける初リード・ヴォーカル曲。5th『月影の騎士 Selling England by The Pound』(1973)5曲目。声質を活かしたジェントルはバラード・ナンバー。


ジェネシス Genesis 「More Fool Me」(1973)


【1月30日~今日は何の日】
3分間電話の日(1970年、公衆電話の市内通話料金が3分で10円に) /西南戦争が始まった日(1977年) /世界初のコンピュータ・ウイルスが作成された日(1982年「エルク・クローナ」) /殉教者の日 [インド]=ガンジーの命日(1869-1948)
 
スポンサーサイト
別窓 | ジェネシス | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<フォル・マンザネラの誕生日 | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | ピーター・バウマンの誕生日>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。