FC2ブログ

蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ピーター・バウマンの誕生日


ピーター・バウマン Peter Baumann 「Romance ロマンス」(1976)

今日はタンジェリン・ドリーム 70年代全盛期トリオのときのメンバー、ピーター・バウマン(1953-)の誕生日。バウマンは1971年、若干18歳のときに、アジテーション・フリーでドラムを担当していた同い年のクリストファー・フランケと出会った。そして二人してタンジェリン・ドリームの創立メンバーであるエドガー・フローゼ(当時27歳)にスカウトされ、クラウス・シュルツとコンラッド・シュニッツラーが脱退した後のタンジェリン・ドリームに参加することになる。バウマンは1971年の『Alpha Centauri アルファ・ケンタウリ』から1977年『Encore アンコール・ライヴ』のちょうどプログレ・ブームと重なっている時期にタンジェリン・ドリームで活躍した。年齢としては18~24歳だったわけで、その若さであの現代音楽的で難解と言われた音楽を演奏し話題になっていたというのも、今にして思うと面白い。

今回の曲は、バウマンがまだタンジェリン・ドリーム在籍中にリリースした1976年の1stソロ『Romance '76 ロマンス'76』から。このアルバムは、タンジェリン・ドリームでいえばポップになったと言われたりもする『Stratosfear 浪漫』の頃であり、バウマンのソロはそれ以上にポップ感があり、むしろクラフト・ワークやクラスターに近い印象がある。この「ロマンス」はA面の2曲目だが、B面は前半がミュンヘン交響楽団によるクラシカルな音を導入したシリアスなチェンバー・ロックにも通じるテイストになっていて、実に創作意欲に溢れたソロ作品であることが伺われる。ジャーマン・ロックの隠れ名盤の一つと言ってよいと思う。


ピーター・バウマン Peter Baumann
「Meadow Of Infinity 無限の草原」「The Glass Bridge 硝子の橋」(1976)
(1976)


【1月29日~今日は何の日】
人口調査記念日(1872年日本初の全国戸籍調査) /昭和基地開設記念日(1957年、南極に昭和基地を開設) /タウン情報の日(1973年『ながの情報』創刊) /エマヌエル・スヴェーデンボリの誕生日(1688-1772) /アントン・チェーホフの誕生日(1860-1904) /ロマン・ロランの誕生日(1866-1944) /ロバート・フロストの命日(1874-1963)
 
スポンサーサイト
別窓 | タンジェリン・ドリーム | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<フィル・コリンズの誕生日 | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | ロバート・ワイアットの誕生日>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。