FC2ブログ

蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

塩の日にプロコル・ハルム


プロコル・ハルム Procol Harum
「A Salty Dog ソルティ・ドッグ」(1969)

今日は塩の日。1569(永禄11)年、上杉謙信が、交戦相手である武田信玄側の領民が今川氏によって塩を絶たれていることを知って越後の塩を送ったという日。ご存知、「敵に塩を送る」という言葉の語源となった逸話である。

塩と言えば、プロコル・ハルム、1969年の3rdアルバム『A Salty Dog ソルティ・ドッグ』。ソルティ・ドッグは甲板員という意味で、アルバム・ジャケットにもそのいかつい人相の"ソルティ・ドッグ"の肖像が描かれている。ちなみに、よく知られるカクテルのソルティ・ドッグは縁に塩をつけてスノースタイルにしたグラスにウォッカとグレープフルーツを1:2の割合で注いで作るもの。
この曲は、カモメの鳴き声と波音、そしてストリングスによる静かで格調高い導入のアルバム・オープニング・ナンバー。1969年というプログレ黎明期におけるクラシカル・ロックの名曲の一つと言える。この3rdアルバムは、バンドの中心人物であるゲイリー・ブルッカー(p, vo)以外のメンバーの交代が多いプロコル・ハルムにおいても、マシュー・フィッシャー(org, vo)、ロビン・トロワー(g, vo)という優れたミュージックメーカー、そして、70年代までを通してドラマーを勤めた名手B.J.ウィルソンが在籍していた初期の充実期の作品で、1975年作の『グランド・ホテル』と並んで最高傑作とされることも多い。
またこの曲は、1971年のオーケストラとの共演によるライヴ名盤『In Cncert With the Edmonton Symphony Orchestra』にも収録されている。これがまたスタジオ・ヴァージョン以上に素晴らしい演奏である。


プロコル・ハルム Procol Harum
「A Salty Dog ソルティ・ドッグ」(1971 Live)

 
【1月11日~今日は何の日】
鏡開き(正月に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして食べる) /蔵開き /塩の日 /樽酒の日(2009年、長龍酒造が制定) /小説家・山本有三の忌日(1974)1.11忌 /トニー・ケイ(kb/イエス、バジャー、ディテクティヴetc.)の誕生日
 
スポンサーサイト
別窓 | ブリティッシュ・プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ジョン・エサリッジの誕生日 | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | ルビコン川で賽の投げられた日>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。