FC2ブログ

蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

地下鉄の日にパブロフス・ドッグ


パブロフス・ドッグ Pavlov's Dog
「Theme From Subway Sue 地下鉄スーの歌」(1975)

3日程前から風邪っぽく、喉に違和感があって咳が出るし、腹部には鈍い痛みがある。こじらせないようにビタミンを摂り、体が冷えないようにして、睡眠時間も十分に取りたい。皆さんも年末年始の体調にご注意を。

今年もあと2日。今日は地下鉄の日。1927(昭和2)年、東京の上野~浅草に日本初の地下鉄が開通した日。
ということで、パブロフス・ドッグの「地下鉄スーの歌」。1975年の1stアルバム『Pampered Menial 禁じられた掟』収録曲。パブロフス・ドッグは1972年にアメリカはセントルイスで結成されたバンドで、プログレ界、いや、ロック界でも屈指の個性を持つデヴィッド・サーカンプのヴォーカルで知られる。そのあまりにもハイ・トーンなヴォーカルは、カナダを代表するハード/プログレッシヴ・ロック・バンドであるラッシュのゲディ・リーの初期の頃も思わせる。サーカンプの方が地声からナチュラルに声が高い感じだろうか。70年代にリリースした2枚のアルバムは、長い曲でも5分台で、コンパクトでキャッチーな印象ながら、ヴァイオリン、フルート、メロトロンをフィーチャーしてプログレ的なロマンティシズムが感じられる。1976年リリースの2nd『At The Sound Of The Bell 条件反射』ではドラマーとしてビル・ブルフォードが全面的に参加していることで有名。


【12月30日~今日は何の日】
地下鉄の日 /取引所大納会 /横光利一忌(1898-1947)
 
スポンサーサイト
別窓 | アメリカン・プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<大晦日のシンデレラ | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | ボクシング・デーにサーカス2000>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。