FC2ブログ

蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

国際山岳デーにP.F.M.


プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ Premiata Forneria Marconi
「The mountain マウンテン(幻の島)」(1974)

今日12月11日は国際山岳デー(International Mountain Day)。2003年に国連総会が制定した比較的新しい国際デー。国際社会で山岳地域の環境保全や持続可能な開発について考える日、とのこと。
そこで今日の曲はP.F.M.の4thアルバム「The World Became The World 甦る世界」(1974)のオープニング・ナンバー「The Mountain」。イタリア語題は「L'Isola Di Niente」で、英訳すると"The Island Of Nothing"となる。とすると「無の島」。ここから邦題では「幻の島」ということになっている。アカデミア・パオリーナによるイントロの混声合唱が、曲のスケール感を高めているドラマチックな名曲。おおらかでシンフォニックなめくるめく曲展開は、まさにイタリアン・プログレの最良の部分のエッセンスであり、ため息をつきつつ聞き惚れるしかない。
キング・クリムゾンの歌詞担当メンバーであるピート・シンフィールドが手がけた英語歌詞にはThe ash of my pine is choking my strams/O-Yam-Tsu-Mi I invoke your name /But O-Yam-Tsu-Mi lay broken and ill/By the plight and the pain of his mountains and hills"という部分があるが、O-Yam-Tsu-Miとは日本神話の大山津見神(オオヤマツミ/偉大なる山の神)のことで、火山(富士山?)の噴火について歌われているようだ。さすがシンフィールド、その文学・神話への造詣の深さが伺われる。
前作アルバム「Photos Of Ghosts 幻の映像」(1973)での国際デビューに続く本アルバムは、当初から英語歌詞国際盤とイタリア語歌詞国内盤の2ヴァージョンがリリースされている。アルバム・ジャケットは同デザインながら、その色調が英語盤は青、イタリア語盤は緑。英語盤ではデビュー曲の「九月の情景」がアルバム・タイトル曲の「The World Became The World 甦る世界」として追加収録されている。


【プログレ基礎知識】P.F.M.=Premiata Forneria Marconi とは、北イタリアのパン菓子チェーン店の名前。ルーチョ・バッティスティの「8月7日午後」(1970)の演奏に参加したことがきっかけで結成される。EL&Pのイタリア公演の前座を務めていたところ、グレッグ・レイクが彼らの演奏に惚れ込んで、EL&P設立の「マンティコア」レーベルからピート・シンフィールドのプロデュースの「Photos Of Ghosts 幻の映像」で国際デビューをすることになった。それまでににイタリア国内で2ndアルバムまでリリースしていたので、その収録曲から抜粋して英語歌詞で再演したものに新曲1曲を追加した「幻の映像」は3rdになる。

【今日は何の日】
ユニセフ創立記念日(1946年国連国際児童緊急基金創立)/胃腸の日(2002年日本大衆薬工業協会
「胃に(12)いい(11)」)/百円玉記念日(1957年発行)/タンゴの日(アルゼンチンのタンゴ歌手カルロス・ガルデルの誕生日)

スポンサーサイト
別窓 | P.F.M. | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ダズンローズデーにエデン・ローズ | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | 中井英夫「黒鳥忌」にザ・ブラックバーズ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。