FC2ブログ

蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

南極の日の怪奇小説

今日12月14日は南極の日。1911年、ノルウェーの探検家・アムンゼンと4人の隊員が世界で初めて南極点に到達した日。

南極といえば、木村拓哉主演で制作費20億円をかけたTBSドラマ「南極大陸」(日曜午後9:00)。視聴率が良かったのは22.2%だった第1話だけで、その後下がり続け、一方で制作費2,000万円の日本テレビドラマ「家政婦のミタ」(水曜午後10:00)の視聴率がぐんぐん上がって逆転、第8話視聴率が29.6%の大ヒットになっているという。震災後の復興に向けて「がんばろう日本」的メッセージで気合満々のドラマより、タイトルからしてパロディの、普通の日常生活に入り込んだ異分子キャラによるいわばオフビートな謎めいたドラマの方が世間には魅力的らしい。TV局でさえも先回りして"日本人"の心を読むことはむずかしい。
と、これは時事メモのようなものとして。

南極、アムンゼンといえば幻想怪奇小説ファンとして思い浮かぶ作品がある。「アムンゼンの天幕」。ジョン・マーティン・リーイというアメリカのマイナー作家による怪奇短編。経歴もよく知られていない作家の筆によるものであるが、怪奇小説愛好家の間では評価の高い作品である。「ウィアード・テールズ」誌1928年1月号に掲載され、その後いくつものアンソロジーに収録されるようになった。日本語訳は早川書房の『幻想と怪奇Ⅰ』(ハヤカワ文庫)で読むことができる。
アムンゼンが南極に残したテントの中から手記とともに発見されたある探検家の生首にまつわる恐怖譚。手記を入手した登場人物から間接的に伝えられる恐怖体験という手法は、現代映画のフェイクドキュメンタリー(架空ドキュメンタリー)にも通じ、ストーリィにリアリティを持たせ、恐怖の愉しみを高めてくれる。教養のある人間を思わせる知的にして詩情のある文体で書かれていることも効果的だ。わが国の怪談でよくある擬態語、擬声語を多用して皮膚感覚的に恐怖を高めていくテクニックとはまた違う味わいがある。そして、その恐怖を読者の想像の中で増幅させる展開の持って行き方も見事。
作品の書かれた1920年代といえば第一次世界大戦特需によってアメリカの経済が豊かになり、現代に通じる大量生産・大量消費が始まった時代。しかしまだ、秘境の地に人に知られていない驚異が存在するという話にリアリティが感じられていた時代だった。豊かになった時代の余暇に怪異譚を愉しむとき、そういう秘境は格好の舞台だった。もっとも、恐怖の源泉は外にではなく自分自身の心の中にあり、どこにいようとついてくるものであることを現代のぼくたちは知っている。科学技術や科学的考え方が世に普及しても、未知からの恐怖は駆逐されないのだ。

幻想と怪奇―ポオ蒐集家 (ハヤカワ文庫NV)幻想と怪奇―ポオ蒐集家 (ハヤカワ文庫NV)
(2005/02)
仁賀 克雄

商品詳細を見る


閉ざされた厳寒の地に残された不可解な死体、ということではS・H・アダムズの「テーブルを前にした死骸」(『怪奇小説傑作集2』/創元推理文庫)も思い出される。それはまた違った趣向。フジテレビ・ドラマ「世にも奇妙な物語」中の「歩く死体」(1991)の原案にもなっていて、その内容を都市伝説的に知っている人も結構いるだろう。

怪奇小説傑作集〈2〉英米編2 (創元推理文庫)怪奇小説傑作集〈2〉英米編2 (創元推理文庫)
(2006/03)
ジョン コリアー

商品詳細を見る
 
 【今日のMEMO】
★オバマ大統領、8年9ヵ月に及んだイラク戦争の終結宣言(ノースカロライナ州フォート・ブラッグ陸軍基地)
 
スポンサーサイト
別窓 | 幻想小説 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<観光バスの日にブル・アンガス | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | ビタミンの日にカン>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。