FC2ブログ

蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

クリスマス・ツリーの日にジェスロ・タル


ジェスロ・タル Jethro Tull 「A Christmas Song クリスマス・ソング」(2003)

12月7日の今日はクリスマスツリーの日。1886(明治19)年、横浜・明治屋に日本初のクリスマスツリーが飾られた日。実はこれより前、1860年にはプロセイン使節オイレンブルクが公館に飾っていたらしいけれど。とりあえずちょっとクリスマス気分を味わうひとときを「A Christmas Song クリスマス・ソング」で。ジェスロ・タルのクリスマス・アルバム「The Jethro Tull Christmas Album」(2003)収録。
クリスマスツリーの起源は古代ゲルマン族が冬至の祭り「Yule ユール」で飾った樅(もみ)の木である(北欧では今もクリスマスをユールと呼んでいる)。冬も枯れず、天に向かって鋭く立ち、樹高数十メートルにも達する木である樅は、「生命の樹」とされていた。日本でも樹木を神体としてを崇拝することは古くから行われていた。この神木信仰が神の依代である柱へと遷り変わり、やがて社殿の中央にある心御柱となった。日本で神を数えるとき「一柱、二柱…」と数えるのはこの神の依代である柱に由来する。また、本来日本の冬至の祭りであった正月に飾る門松も、年神を家に迎え入れる依り代としての松を本体としたものであって、門松とクリスマス・ツリーはどちらも1年の変わり目である冬至に神を迎えるという意味を持っているといえる。

【プログレ基礎知識/ジェスロ・タル
ジェスロ・タル JethroTull は1967年にエジンバラ出身のイアン・アンダーソン(vo, flt)によって結成された。ブルースを基調としたサイケデリックなロックで60年代後半にスタートした点でピンク・フロイドと共通する。クラシック&ジャズの様式を取り入れた「Bouree ブーレ」によって初期プログレの様式の一つを示し、収録アルバム「Stand Up スタンド・アップ」(1969)は全英1位となった。その後70年代に入って「Thick As A Brick ジェラルドの汚れなき世界」(1972)、「A Passion Play パッション・プレイ」(1973)というA・B面で1曲という、いかにもプログレという大作を連続リリースして全盛期を迎える。その音楽性は狭義の「プログレ」ではないという向きもあるが、プログレでありつつプログレを超えて独自の道を拓いた世界的な名バンドといえる。
 
スポンサーサイト
別窓 | ジェスロ・タル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ジョン・レノン忌のコラージュ | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | フィンランド独立記念日にペッカ・ポーヨラ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。