FC2ブログ

蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

肉の日にザッパ&ザ・マザーズ


フランク・ザッパ&ザ・マザーズ・オヴ・インヴェンション Frank Zappa & The Mothers Of Invention
「Uncle Meat: Main Title Theme」(1969)

今日11月29日は…そう「いい(11)肉(29)」の日。我が宮崎県「より良き宮崎牛対策協議会」が制定。肉といえばミート meat。フランク・ザッパ&ザ・マザーズ・オヴ・インヴェンション Frank Zappa & The Mothers Of Invention「Uncle Meat アンクル・ミート」(1969)。このアメリカ・ボルチモア出身のロック・ギタリスト、フランク・ザッパ(1940-1993)の音楽がプログレか否かということはよく議論されてきたところだ。まあ長い・重い・巧いというプログレ三位一体(by 岩本晃市郎)をクリアしているので十分プログレだと……いや、待てよ、重い……? そうか、聴きようによっては芸達者なアーティストによるシニカルな冗談音楽のようでもあるザッパの音楽にはこのテーマの"重さ"ということでは疑問符がつくのかもしれない。まあ、本人は自らの音楽を称して"シリアス・ミュージック"と言っているのだが。逆にそれゆえますます冗談っぽい。しかし、その商業ロックを超えた実験性、先進性、コンセプチャルな点において、ザッパの遺した作品はまぎれもなく"プログレッシヴ"であったと言える。
アルバム「アンクル・ミート」はザッパ&ザ・マザーズの6th二枚組アルバム。当初映画サントラとして他のアルバムと並行して2年をかけて作り上げたものだが、映画の方は作製されないままに終わっている。映像で貼り付けた曲は2枚組1枚目の1曲目。映画音楽を意識して作られてたためであろう室内楽的な曲で、この曲を最初期のチェンバー・ロックとして聴くこともできる。プログレッシヴ・ロックというとイギリスが先進地というイメージがあるが、このザッパがイギリスのカンタベリー派あたりに与えた影響も大いにあったと思われる。それにしてもこんな曲で、いったいどんな映画を作ろうとしていたんだろう……

この1曲だけでは2分弱と短いので、同アルバム2枚目9曲目(アナログ盤D面6曲目)「King Kong VI キング・コング VI」も貼っておこうい。こちらはアナログ盤D面全てを使った18分のキング・コング組曲の最後のパートで、アヴァンギャルドなフリー・ジャズ・ロック。


フランク・ザッパ&ザ・マザーズ・オヴ・インヴェンション Frank Zappa & The Mothers Of Invention
「King Kong VI キング・コング VI」(1969)
 
 【今日のMEMO】
★ファミリーマートでスライム肉まん発売
ブルーの生地にまんまるの目と大きい口(合成着色料未使用)170円
 
スポンサーサイト
別窓 | アメリカン・プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<鏡の日にクラフトワーク | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | 太平洋記念日にパシフィック・イアドラム>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。