FC2ブログ

蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

デイブ・シンクレアの誕生日


キャラヴァン Caravan 「Winter Wine ウィンター・ワイン」(1971)

今日11月24日は、デイヴ・シンクレア Dave Sinclair の誕生日。キャラヴァン、マッチング・モール、キャメル(ツアー・メンバー)で活躍したカンタベリー派の鍵盤奏者。現在、京都市在住。今年10月10日NHK-FM『今日は一日プログレ三昧、再び』に出演し、名演を聴かせてくれたことは、先にブログで書いたとおり。このときの「O'Caroline オー・キャロライン」の演奏を聴き直してみたら、また感動してしまった。

10・10NHK-FM『今日は一日プログレ三昧、再び』でのデイブ・シンクレアの生放送ライブ。その中野ラスト・ナンバー「オー・キャロライン」をYouTubeに音声をアップロードしてくださっている方がいたので、貼り付けておきたい。デイヴ・シンクレア Dave Sinclair 「O'Caroline オー・キャロライン」〔演奏メンバー〕デイヴ・シンクレア (Kb) 元キャラヴァン、マッチング・モウル、キャメル上野洋子 (Vo. Kb
デイブ・シンクレア「オー・キャロライン」



『プログレ三昧、再び』では、キャラヴァン時代の「If I Could Do It All Over Again, I’d Do It All Over You 手遅れの愛」(1970)、「The Dabsong Conshirtoe ロッキン・コンチェルト」(1975/一部改作)、「Nine Feet Underground 9フィートのアンダーグラウンド」(1971)、マッチング・モール時代の「O Caroline オー・キャロライン」(1972)がスタジオ・ライヴで披露されたわけだけど、今日は「9フィートのアンダーグラウンド」と同じキャラバン『グレイとピンクの地 In The Land Of Grey And Pink』(1971)収録の2曲目「Winter Wine ウィンター・ワイン」。季節も冬めいてきて、ボジョレー・ヌーボーも1週間前に解禁されたばかりなのでちょうどいい。YouTubeにその当時のドイツでのスタジオ・ライヴ映像があった。デイヴは1947年生まれなので、このとき24歳。デイヴの従兄弟でベースでヴォーカルのリチャード・シンクレア Richard Sinclair は当然よく映っているのだけど、デイヴはキーボードなのでカメラ・アングルのせいもあって後ろ姿ばっかりなのが残念(顔見えない!)…

こちらは2002年アメリカでのキャラヴァンのライヴ。こちらはしっかり顔が映っている。デイヴの他にオリジナル・メンバーのパイ・ヘイスティング Pye Hastings(g, vo) リチャード・コフラン Richard Coughlan(ds)、中期メンバーのジェフ・リチャードソン Geoff Richardson(vln,flt)がいる。


キャラヴァン Caravan
「Nine Feet Underground 9フィートのアンダーグラウンド」Part1(2002)


「Nine Feet Underground 9フィートのアンダーグラウンド」Part2(2002)
 
スポンサーサイト
別窓 | キャラヴァン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<OLの日にO.L. | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | 勤労感謝の日にイル・ヴォーロ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。