FC2ブログ

蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

グレッグ・レイクの誕生日


グレッグ・レイク Greg Lake(E.L.&P.) 「Still You Turn Me On」(1974)

今日11月10日はグレッグ・レイク Greg Lake の誕生日(1947年生まれ)。キング・クリムゾン、エマーソン・レイク&パーマー(E.L.&P.)とプログレッシヴ・ロック全盛期の二大スーパーバンドのヴォーカリスト、ベーシスト、ギタリストを歴任、そのノウブルな歌声は、プログレッシヴ・ロックが生み出すイメージを鮮やかに彩った"プログレの声"のひとつだ。もっとも、その声はハード・ロックやAOR風の曲になるとなんだか平凡で深みに欠けて聴こえてしまう。いかにプログレの意味深な曲想が彼の声質にマッチしていたかということだろう。上の映像は画質がよくないが、ここでアコースティック・ギター一本で歌われる『恐怖の頭脳改革』(1973)の中のこの小曲も、ちゃんとプログレに聴こえる。この頃のE.L.&P.はまさに神が降りていたように素晴らしい。


下の『展覧会の絵』のライヴ映像では貴公子然とした頃のグレッグがかなりきれいな画質で拝める。ヴォーカルもクラシカルな演奏に断然映えている。近年は体型のあまりのボリューム・アップぶりに、若き頃の面影を見るのはむずかしいのが残念…という声がどこでも見受けられるけど、これはもう"イギリスのフランチェスコ・ディ・ジャコモ"(イタリアのバンコの巨漢ヴォーカル)だと思って、暖かい目で見てあげよう(…って、そこまでは太ってないか)


 E.L.&P. 「展覧会の絵」より「プロムナード~賢人」(1970)

スポンサーサイト
別窓 | E,L&P | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ポーランド独立記念日にニーメン | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | 野口英世の誕生日とエッグ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。