蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

宮崎空港パーキング/ユラーア・ヒープ「ザ・パーク」

今夜は、大学受験で福岡に行っていた息子が飛行機で帰ってくるので
宮崎空港へ行ってきた。ここに行くのは久しぶり。

宮崎空港はこんな感じのところ。
「宮崎空港独自案内」
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hanamizuki/3725/airport.htm

空港ビルには、宮崎特産を扱う売店がまとまってあるので、
買物も楽しめる。

ところが、飛行機着予定時間が20:55なので
駐車料金を浮かそうと20:15頃に駐車して空港ビルに入ってみると、
なんと売店の営業時間は終了していた。残念。

帰って調べてみれば、営業時間は6:30~20:10。
各レストランも20:00から20:30には終了するようだ。

仕方なく暇をもてあましながら45分程の待ち時間を過ごしたあと、
息子の到着を迎えて、引率の先生にもお礼のあいさつ。

さて、駐車料金の精算は、駐車した車に戻る前に
駐車場連絡通路前に設置さえた精算機でできるようになっていた。
入り口ゲートで発券された駐車券を入れて駐車料金を支払う、
精算機が返してきた駐車券を持って出口ゲートに向かう。

てっきり帰って来た駐車券を出口の機械に入れてバーを上げると思ったのだが、
なんと、何もしないのに車が近づいただけでバーが上がって
そのまま駐車場から出ることができた。
田舎者ゆえ、これにはびっくり。

これも帰宅後にネットで調べてみると、
入り口ゲートでの駐車券の発券時に車番認識カメラが
車のナンバープレートを認識して登録し、
事前精算が終了すると、出口ゲートのカメラがそれを照合して
バーを上げてくれる、というシステムらしい。

都会ではだいぶ前から導入されているようだが、
ナンバープレートをカメラ認識・照合するというのはすごい。
これこそ21世紀の技術だ。

では、駐車=park ということで、
ユーライア・ヒープ Uriah Heep「The Park」



『ソールズベリー Salisbury』
ユーライア・ヒープ [1971年] イギリス

 1. Bird Of Prey 「肉食鳥」<4:12>
 2. The Park 「公園」<5:40>
 3. Time To Live 「生きる」<4:01>
 4. Lady In Blac 「黒衣の娘」<4:42>
 5. High Priestess 「尼僧」<3:41>
 6. Salisbury 「ソールズベリー」<16:14>

以前この蒼空ブログで、昔の私はユーライア・ヒープを
ハード・ロックとして認識していたということを書いたが、
あらためてこの美しく叙情的なナンバーを聴くと、
初期ヒープは十分プログレだと考えが改まる。

この2ndアルバムはオーケストラ、合唱隊を導入した
16分の名曲「ソールズベリー」も収録されていて
ヒープの中では最もプログレ的なアルバムだと言えそうだ。
 
スポンサーサイト
別窓 | ブリティッシュ・プログレ | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<The Box~運命のボタン~Old Tin Box | 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | 初春のカンヒザクラ/マッケンドリー・スプリング>>

この記事のコメント

この作品は自分が兄の影響ではなく、はじめて自分で
レコード屋さんで悩んだあげく買ったレコードです。

ですから、嫌でも好きになるしかないというか・・
正直、最初聴いてものすごく悔やんだのですが(笑)

意地で聴き倒した結果、もの凄く好きになりました。
最初は自分はヒープはプログレという認識でしたね。

ですから以降のキャッチなメロディーの作品群はかえって
意外に当時は聞こえました。

もしかしたらこの作品が一番好きかも!
2011-03-06 Sun 20:34 | URL | トミヤン #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。