蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ランダム・プレイ・エヴァンゲリオン

新年度から土日も出ずっぱりで仕事しています。土日は自分の仕事がしやすい環境を整える(職場になる邪魔なものを片づけ、必要なものは分類整理する)ことに重点をおいてやっています。何をやるにつけてもまず、「場を整える」ことが大事だと思います。忙し過ぎるからといって乱雑な環境のままで仕事を続けても、効率は上がらず、いつまでたっても忙しさが解消できないと思います。

ただ、忙しいと言っても、心身がくたくたになって疲弊していくだけの忙しさもあれば、忙しさがいい刺激になって、ものごとが順調に流れている感覚、いわゆる「フロー状態」を感じられるような忙しさもあります。最近、ようやくそのいい意味での忙しさになりつつあるような感じがしています。

家に帰って音楽が聴きたいときは、例によってSonicStageでのプログレ5,000曲のランダム・プレイを聴いています。ランダム・プレイの予想のつかない展開は、頭にいい刺激を与えてくれるみたいです。
ランダムに発生させられた事象の、シンクロニシティ(共時性=意味をもたらす偶然の一致)効果を使えば、このランダム・プレイをタロット占いのように使い事もできそうです。

たとえば、プログレ・ジャンルの曲をランダムに6曲並べるというダイナミック・プレイリスト設定をします。そして、これに「解放者マー・マニのエヴァンゲリオン」のカード展開法を当てはめて、
 1曲目:リラックスするには
 2曲目:自分を生かすには
 3曲目:暗い気分を吹き飛ばすには
 4曲目:やり遂げるべきこと
 5曲目:幸福とは
 6曲目:Keyとなるもの
と読み取ってみるわけです。

試しにひとつやってみると、

 1曲目:There Is A Time For Everything…/Algarnas Tradgard
 2曲目:In New-York or Paris, equivalent.「ニューヨークもしくはパリで」/Heldon
 3曲目:Air Born 「ゆるやかな飛行」/Camel
 4曲目:L'amore Vincera Di Nuovo/Osanna
 5曲目:Rory Blanchford/Wallenstein
 6曲目:A Time For Everything/Jethro Tull

奇しくも1曲目と6曲目にエルヤーナス・トレッゴードとジェスロ・タルの「A Time For Everything」が並びました。「時間」を大事にすべきときかもしれません。
2曲目、自分を生かすにはニューヨーク、パリと具体的な地名。米仏関連に良いものが?
3曲目はキャメルの中でも好きなナンバーのひとつですが、確かに暗い気分を吹き飛ばしてくれそうです。
4曲目のオザンナは「新しい愛は勝つ」というような意味でしょうか。これが「やり遂げるべきこと」というのは…?
5曲目はヴァレンシュタインのクラシカルでイメージ豊かな佳曲。ロリィ・ブランチフォードという女性名から連想するのも古風なイメージです。ここにある幸福のイメージは?
 
曲のイメージからいろいろと想像を巡らせてみるのは面白いものです。占いの一番肝要なところは、イメージを膨らませて心を開放し、現実に柔軟に対応する力を与えてくれることではないでしょうか。

 
スポンサーサイト
別窓 | プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。