蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

パイ・ヘイスティングスの誕生日


キャラヴァン Caravan
「The Dog, The Dog,He's At It Again ザ・ドッグ、ザ・ドッグ」(1973 Live)

今日は、キャラヴァンのギタリスト兼ヴォーカリスト、パイ・ヘイスティングス(19476-)の誕生日。
代表作と言える傑作3rd『グレイとピンクの地 In The Land Of Grey And Pink』(1971)までのキャラヴァンはデイヴ・シンクレアのディストーションの個性的なかかったキーボードとベース担当リチャード・シンクレアのフォークっぽいヴォーカルがサウンドのイメージを決定づける要であった。そこから、4th『ウォータールー・リリー Waterloo Lily』(1972)でデイヴ・シンクレアがスティーヴ・ミラーと、5th『夜ごと太る女のために For Girls Who Grow Plump In The Night』(1973)でリチャード・シンクレアがジョン・G・ペリーと交代(デイヴ・シンクレアは復帰)するうちに、パイ・ヘイスティングのギターとヴォーカルの比重が高まる。ギターがクローズアップされることでロック的強度が増した印象だ。『夜ごと太る女のために』、ライヴ盤をはさんでの次作となる6th『ロッキン・コンチェルト Cunning Stunts』(1975)は中期キャラヴァンの名盤となった。ポップになってプログレ度が後退したとして語られることの少ない7th『Blind Dog At St.Dunstans' 聖ダンスタンス通りの盲犬』(1976)以降のアルバムも、ヘイスティングスの貢献度が高くそれぞれに素晴らしい良作。今日の曲は『夜ごと太る女のために』から5曲目のBBCスタジオ・ライヴ映像。


【1月21日~今日は何の日】
ライバルが手を結ぶ日(1866年薩長同盟締結) /料理番組の日(1937年BBC『夕べの料理』放映) /聖アグネスの祝日 /初大師(1年で最初の弘法大師縁日)

スポンサーサイト
別窓 | キャラヴァン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

デイブ・シンクレアの誕生日


キャラヴァン Caravan 「Winter Wine ウィンター・ワイン」(1971)

今日11月24日は、デイヴ・シンクレア Dave Sinclair の誕生日。キャラヴァン、マッチング・モール、キャメル(ツアー・メンバー)で活躍したカンタベリー派の鍵盤奏者。現在、京都市在住。今年10月10日NHK-FM『今日は一日プログレ三昧、再び』に出演し、名演を聴かせてくれたことは、先にブログで書いたとおり。このときの「O'Caroline オー・キャロライン」の演奏を聴き直してみたら、また感動してしまった。

10・10NHK-FM『今日は一日プログレ三昧、再び』でのデイブ・シンクレアの生放送ライブ。その中野ラスト・ナンバー「オー・キャロライン」をYouTubeに音声をアップロードしてくださっている方がいたので、貼り付けておきたい。デイヴ・シンクレア Dave Sinclair 「O'Caroline オー・キャロライン」〔演奏メンバー〕デイヴ・シンクレア (Kb) 元キャラヴァン、マッチング・モウル、キャメル上野洋子 (Vo. Kb
デイブ・シンクレア「オー・キャロライン」



『プログレ三昧、再び』では、キャラヴァン時代の「If I Could Do It All Over Again, I’d Do It All Over You 手遅れの愛」(1970)、「The Dabsong Conshirtoe ロッキン・コンチェルト」(1975/一部改作)、「Nine Feet Underground 9フィートのアンダーグラウンド」(1971)、マッチング・モール時代の「O Caroline オー・キャロライン」(1972)がスタジオ・ライヴで披露されたわけだけど、今日は「9フィートのアンダーグラウンド」と同じキャラバン『グレイとピンクの地 In The Land Of Grey And Pink』(1971)収録の2曲目「Winter Wine ウィンター・ワイン」。季節も冬めいてきて、ボジョレー・ヌーボーも1週間前に解禁されたばかりなのでちょうどいい。YouTubeにその当時のドイツでのスタジオ・ライヴ映像があった。デイヴは1947年生まれなので、このとき24歳。デイヴの従兄弟でベースでヴォーカルのリチャード・シンクレア Richard Sinclair は当然よく映っているのだけど、デイヴはキーボードなのでカメラ・アングルのせいもあって後ろ姿ばっかりなのが残念(顔見えない!)…

こちらは2002年アメリカでのキャラヴァンのライヴ。こちらはしっかり顔が映っている。デイヴの他にオリジナル・メンバーのパイ・ヘイスティング Pye Hastings(g, vo) リチャード・コフラン Richard Coughlan(ds)、中期メンバーのジェフ・リチャードソン Geoff Richardson(vln,flt)がいる。


キャラヴァン Caravan
「Nine Feet Underground 9フィートのアンダーグラウンド」Part1(2002)


「Nine Feet Underground 9フィートのアンダーグラウンド」Part2(2002)
 
別窓 | キャラヴァン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。