蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ビタミンの日にカン


カン Can 「Vitamin C ビタミンC」 (1972Live)

今日12月13日はビタミンの日。1910年、鈴木梅太郎博士が、米糠から抽出した脚気を予防する成分「オリザニン」の命名を発表した日。オリザニンは今で言うビタミンBに当たる。

プログレでビタミンと言えば、今日貼り付けたカンの「ビタミンC」。1972年の4thアルバム「エーゲ・バミヤージ Ege Bamyasi」4曲目。音声がずれているけど、非常にクリアな動画があった。日本人ヴォーカリストのダモ鈴木は、偶然にもビタミンの発見者・鈴木梅太郎博士と"鈴木"つながりである。"すずき"とは祭礼で祭られる稲穂のことで、稲作に関する神官の姓であったため("鈴木"という漢字は当て字)、それにあやかって稲作民族である日本人の中で広まっていった国内でも2番目に多い苗字だ。
さて、カンの他の演奏メンバーはバンド中心人物のホルガー・シューカイ(b/シュトックハウゼン門下の現代音楽家)とイルミン・シュミット(kbd/同じくシュトックハウゼン門下生)、ヤキ・リーベツァイト(ds/元ジャズ・ドラマー)、ミヒャエル・カローリ(g/シューカイが高校の音楽教師をしていたときの生徒)。「ビタミンC」はアルバムでも3分半ほどの、カンのナンバーでは比較的聴きやすい短い曲だが、カンの音楽の呪術的な雰囲気も十分感じられる。
ダモさんも歌っているので、体内に蓄えられにくいビタミンCは積極的に摂っていこう。ビタミンCはコラーゲン生成を促し、抗酸化作用があり、免疫力を維持し、抗がん・抗ストレス力を高める効果がある。

【プログレ基礎知識】
ダモ鈴木(1950-/本名・鈴木健二)は、精神の不調により2nd途中という形で脱退したヴォーカルの黒人彫刻家マルコム・ムーニーの後釜として加入した放浪の素人ギター弾き語りヒッピーで、職業ミュージシャンではなかった(マルコムもそうだったけど)。そのためヴォーカル・スタイルは即興的歌唱/作曲法のインスタント・コンポージングと呼ばれるものである。即興で日本語詩が入ってきたりするので、海外の聴衆にはさぞ神秘的に聴こえたことだろう。
 
スポンサーサイト
別窓 | カン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

風邪にビタミンC

風邪引いたまま過ごした1週間、
ようやく金曜日の夜になった。

「風邪の治し方」をネットで検索してみたら、
 身体、特に足元を温める
 水分を取る
 栄養も充分取る
 十分睡眠をとる
というようなこと。

職場には暖房が入っているが、
どうしてもデスクの下の足元は冷えてしまう。
そういえば、風邪を引く前は、
特に足が冷えてたまらなかった。
やっぱり足元を温めるのは大事なようだ。

あと、ビタミンCを摂るといいというのもよく聞く。
ビタミンC入り飲料をたくさん飲むとか。
ビタミンC摂取で身体の抵抗力を上げるという健康法を
提唱したポーリング博士という化学者もいたし、
処方薬の切れた今はビタミンC&水 頼みです。
うちにアセロラ配合サプリメントがあったので、
これでビタミンCを補給。

さて、ビタミンCといえば、



もちろんジャーマン・プログレの大御所 カン CAN 。
現代音楽家とジャズ・ドラマー、ロック・ギタリストに
日本人ヒッピーが加わるというメンバーの異化作用が生んだともいえる
唯一無二の奇跡的なロック音楽。
"Ege Bamiyasi エーゲ・バミヤージ"は1972年の4thアルバム。
アナーキーで不穏な1曲目"Pinch"からカンの世界全開。
西独No.1ヒットとなった"Spoon"も収録。

Ege Bamyasi
CAN (1972)

1. Pinch (9:29)
2. Sing Swan Song (4:47)
3. One More Night (5:35)
4. Vitamin C (3:32)
5. Soup (10:31)
6. I'm So Green (3:05)
7. Spoon (3:05)
 
別窓 | カン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

梅雨を運ぶ女(ひと)

九州地方は今日、梅雨入り。
南九州では1971年以降の40年間で最も遅い梅雨入りとのこと。

それにしても雨が増えると、口蹄疫で殺処分した家畜の埋却作業も
やりにくくなり、いくら雨好きの私でも心配な状況だ。

口蹄疫感染拡大防止のため、県内では大会行事や会議の中止・延期だけでなく、
公共施設の使用制限や休館、さらに県境の道路交通止まで始まった。
人間の健康を害するウィルスではないことが不幸中の幸いとはいえ、
これでは間接的にじわじわと人間の方も弱っていかざるをえない。
一日も早い感染の終息を願うばかりだ。


プログレの話題。
梅雨に入ったということで、私の好きなカン CAN のナンバー、
「シー・ブルングス・ザ・レイン She Brings The Rain」を。



2nd『サウンドトラックス Soundtracks』(1970)のラストナンバー。
ジャジー/ブルージーでやや陰鬱な曲調が、雨の降り続く梅雨時期のムードにも
よくマッチしている。

SoundtracksSoundtracks
(2009/11/23)
Can

商品詳細を見る

収録アルバムは、タイトル通り、5本の映画に提供した曲を集めたもの。
全体的にアヴァンギャルド・ポップの雰囲気もある一方、
14分に及ぶサイケデリック・プログレ曲というべき「マザー・スカイ」もあって、
寄せ集めアルバムでありながら聴き応え十分の傑作。


"Can"を取り上げたところで、
"Yes We Can Shut Up The Contagion !"
 

別窓 | カン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。