蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

スタインベックの誕生日にキャメル


キャメル Camel 「Rose of Sharon ローズ・オブ・シャロン」(1991)

今日はアメリカ・カリフォルニア出身の小説家、スタインベックの誕生日(1902-1968)。スタインベックの代表作といえばエリア・カザン監督で映画化された『エデンの東』(1952)と…ジョン・フォード監督で映画化された『怒りの葡萄』(1939)。1930年代のアメリカで新天地をカリフォルニアに求めて旅立つオクラホマの貧しい農家ジョード一家を通して描かれる社会派小説。
この作品は、プログレ・ファン、そしてキャメル・ファンご存知のとおり、キャメル1991年のアルバム『ダスト・アンド・ドリームス~怒りの葡萄』のモチーフとなった。1984年の『ステイショナリー・トラベラー』以来8年ぶり、ただ一人のオリジナル・メンバーであるアンディ・ラティマー(g, vo)が再び主導して作製。70年代キャメルのファンタジックでドラマチックなメロディが復活した傑作アルバム。今日の曲はラティマーがスコットランドの女性シンガー、マエ・マッケンナとデュエットする「Rose of Sharon ローズ・オブ・シャロン」。

4曲あるヴォーカル・ナンバーのうちもう1曲、旅をイメージした最も躍動感のあるナンバー「Mother Road マザー・ロード」も挙げておきたい。1997年のライヴアルバム『Coming of Age』収録のヴァージョン。


キャメル Camel 「Mother Road マザー・ロード」(1997 Live)


【2月27日~今日は何の日】
女性雑誌の日(1693年ロンドン『ザ・レディス・マーキュリー』創刊) /冬の恋人の日(バレンタインデーとホワイトデーの中間日) /ドミニカ共和国独立記念日(1844年) /ルドルフ・シュタイナーの誕生日(1861-1925) /スタインベックの誕生日(1902-1968) /ディクスン・カーの忌日(1906-1977)
 
スポンサーサイト
別窓 | キャメル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

小正月/アダルトの日にキャメル


キャメル Camel
「Reflections 巡る思い」&「Captured 保護」(1981)

今日は小正月(こしょうがつ)。1月14日の日没から翌15日の日没が小正月。旧暦(太陰太陽暦)で満月の日を月初めとしていた名残で、かつて正月の満月の日が1月1日だったものが、新月の日を月初めとする中国式の暦が公式化されたために元日がずれ、それまでの正月が1月15日になったもの。これによって新しい1月1日が「大正月」、1月15日が「小正月」と言われるようになった。それからさらに太陽暦の新暦へと変わったために(明治5(1872)年の12月3日が明治6(1873)年の1月1日となった)、実際の季節と暦上の日にちがずれてしまっている。
平成11(1999)年まで成人の日は1月15日だったが、かつて小正月に元服の儀が行われていたことから、昭和23(1948)年、この日がふさわしいとして成人の日に制定されたとされている。

さて、今日は「アダルトの日」なる日でもある。これは特にこの成人の日にちなんでいるというわけではなく、昭和22(1947)年の今日、東京・新宿の帝都座五階劇場で日本初のヌードショーが催されたからだそうである。確かにこのヌードショーが昭和22年、成人の日制定が翌年の昭和23年なので、アダルトの日が先、のようにも見えるが、アダルトの日と言われ出したのはずっと後年になってからだろうから、暗に「成人の日をアダルトの日にしよう」というその手の業界の人たちの思惑があったようにも思える。そもそも、だれが「アダルトの日」と言い出したのかよくわからないところもどこか怪しげだ。

さて、昭和22年1月15日のヌードショーだが、内容としては裸の女性が舞台で静止ポーズをとるだけのおとなしいものだったらしい。いわば、絵画や彫像や写真作品を作成するときの裸婦モデルだけを一般に公開したようなものか。
ということで、今日のキャメルの2曲、収録アルバムが1981年の『Nude ヌードの物語~Mr.Oの帰還』だということで、これが今日の話題との絡みでした。
アルバムのタイトルがヌードといっても色っぽい意味は無く、第二次世界大戦(1939-1945)中に戦場であった島に取り残され、29年間隠れ続けた一人の兵士の物語をテーマとした作品である。そんなコンセプト・アルバムのタイトルがなぜヌードなのかというと、物語の主人公"Mr.O"(ミスター・オー)と組み合わせてみるとわかる。"O"+"Nude"="オー・ヌード"、は"オノダ"、つまり、第二次世界大戦終戦後、ルバング島に潜伏してゲリラ行動を続けた旧日本陸軍の小野田寛郎少尉(1974年に帰国)という暗示である。  
アルバム「ヌード」はアンディ・ラティマー(g, vo)とアンディ・ワード(ds)の二人のオリジナル・メンバーにダンカン・マッケイ(kb)、コリン・バース(b, vo)、メル・コリンズ(sax)という布陣。アルバム全体でひとつの物語を描くというコンセプト・アルバムとしては名作『(Music Inspired by)The Snow Goose 白雁』(1975)以来、6年ぶりのものとなった。
ところで、今日取り上げた曲の「Captured 保護」、年配のプロレス・ファンには、前田日明(新日本プロレス>UWF>リングス)の入場テーマ曲としてよく知られる曲である。叙情派プログレの代表ともいえるキャメルがプロレスと結びついたのが面白い。Captured キャプチュードとは"捕える、捕獲する"という意味の動詞caputureの受動形であり、前田選手が得意としていた、相手の首と片足を抱えるように"捕獲"して自分の後方へ反り投げる変形フロント・スープレックスが「キャプチュード」と呼ばれていた。この技の命名に際してキャメルの「キャプチュード」がヒントになり、それが本人のテーマ曲にもなったと推測するのだけど、実際のところはどうだったのだろうか。

【1月15日~今日は何の日】
小正月 /警視庁創設記念日(1874年東京警視庁創設) /いちごの日(「いち(1)ご(5)」) /半襟の日(京都半衿風呂式和装卸協同組合が制定)/手洗いの日(「い(1)い(1)て(5)」P&Gが制定) /フードドライブの日(「い(1)い(1)ご(5)はん」缶詰・レトルト食品など家の不要な食物を、食物に困っている家庭に届ける日) /ウィキペディアの日(2001年公開)/アダルトの日(1947年日本初のヌードショー開演)
 
別窓 | キャメル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

静かなる自由落下の王国

借りてきた
ターセム・シン監督の『ザ・フォール/落下の王国』を見る

映画の黎明期
落下シーンのスタントで重傷を負った青年スタントマンと
果樹園での仕事で木から落下して腕を骨折した少女の
入院した病院の中での交流

スタントマンのロイが
少女アレクサンドリアに語るお伽噺が
あまりにも美しく壮大な映像で描かれる
まさに美術作品と言うのがふさわしい映画

ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD]ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD]
(2009/02/11)
リー・ペイスカティンカ・アンタルー

商品詳細を見る

Yes, fall in love ということもふくめて
さまざまな落下のモチーフがちりばめられている

落下というと プログレの曲にもいろいろあって
有名なのは キャメル Camel
「Freefall フリーフォール」だろうか
2nd『Mirage 蜃気楼』(1974)の
タイトでスリリングなオープニング・ナンバー
(同名の小曲はヴァンゲリス『反射率0.39』にも)

蜃気楼+4(紙ジャケット仕様)蜃気楼+4(紙ジャケット仕様)
(2009/05/27)
キャメル

商品詳細を見る

ファンタジックでフルートの調べも叙情的な
2曲目「Spertwister スーパーツイスター」
指輪物語からインスパイアされた
3曲目のメドレー「Nimrodel ニムロデル
 / The Procession プロセッション
 / The White Rider ホワイトライダー」
キャメル独特の飛翔感が堪能できる
4曲目「Earthrise アースライズ」
初期の代表曲であるドラマチックな
5曲目「Lady Fantasy レディ・ファンタジー」

このアルバムで キャメル
プログレとしてのスタイルが確立された
ここから『Moonmadness 月夜の幻想曲』(1976)までが
緊張感と叙情性が共存したサウンドの溢れる
キャメルの絶頂期だと思う



「Freefall フリーフォール」 キャメル

落下の曲 個人的には
イエスのベーシスト クリス・スクワイア
クラシカルかつシンフォニックな
「Silently Falling サイレントリー・フォーリング」も好き
このソロ・アルバム『Fish Out Of Water  未知への飛翔』(1975)も
まるまる一枚が ぜひともお勧めしたい名作

Fish out of WaterFish out of Water
(2007/08/14)
Chris Squire

商品詳細を見る

 
別窓 | キャメル | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

キャメル 月夜のビーチのファンタジア

今夜はサンビーチ一ツ葉で
宮崎科学技術館主催の
市民天体大観望会

科学技術館のものだけでなく
天文愛好家が天体望遠鏡を持ち寄って
一般の人にも見せてくれる

建物の壁面のスクリーンでは
大きく月面を映しだしてライヴ上映
これがシュールで感動的だった

あいにく雲が多くて
星座はほとんど見えなかったが

月面と
木星の衛星を見せてもらう

浜辺近くでの天体観望もいい雰囲気だ
デルヴォーの描く夜の風景を思い出した

ポール・デルヴォー 〔骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書〕 (シュルレアリスムと画家叢書 骰子の7の目)ポール・デルヴォー 〔骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書〕 (シュルレアリスムと画家叢書 骰子の7の目)
(2006/07/12)
アントワーヌ・テラス

商品詳細を見る


 月と言えば まず
 ピンク・フロイド PinkFloyd の
 『Dark Side Of The Moon 狂気』と
 キャメル Camel の
 『Moonmadness 月夜の幻想曲』だなぁ

ピンク・フロイドは別格として
『月夜の幻想曲』は昔からの愛聴盤だ
自分にとってはこれがキャメルの最高作
コンセプト・アルバムでない分
イマジネーションが自由に飛びまわれる
ジャケットの色合いも実にいい

『Moonmadness 月夜の幻想曲』

MoonmadnessMoonmadness
(2009/05/19)
Camel

商品詳細を見る


B面ラストの「Lunar Sea 月の湖」は
最高の夢見曲のひとつ

別窓 | キャメル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。