蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

宮崎市に降灰/燃ゆる灰

今朝起きて外を見ると、風景が真っ白!
南国宮崎の平野部では雪が降るのは珍しい……
と、これは霧島連山新燃岳の噴火による降灰だった。

以前、鹿児島市内に住んでいた頃は、
桜島噴火による火山灰がしょっちゅう降っていたので、
降灰は生活の中の当たり前の気象のひとつだったのだが、
まさか宮崎に帰ってきて降灰に見舞われることになろうとは思っていなかった。

鹿児島では夏に東風が吹いて鹿児島市内など薩摩半島方面に灰が降り、
冬には西風で鹿屋市など大隅半島方面に灰が降っていた。
今季節が冬なので、新燃岳の火山灰は西風に乗って宮崎に降るわけだ。

降ってきた火山灰は火口から距離が遠いせいで細かくパウダー状で、
鹿児島市で見ていた砂のような火山灰とはだいぶ印象が違う。
火口に近い都城市では粗い砂のような火山灰が降っているので、
鹿児島市に降っていた桜島の火山灰のようか、あるいはそれよりもっと
粒が大きいかもしれない。

それにしても宮崎では鹿児島市のように火山灰用ロードスイーパーも無いし、
住民が火山灰対策に慣れていないので大変。
新燃岳火山活動の一日も早い終息を願う。


さて、灰といえばプログレ的に思いつくのは、
ルネッサンス Renaissance の「燃ゆる灰 Ashes Are Burning」。
1973年リリースの傑作同名2ndアルバムのラスト・ナンバー。
ルネッサンスはメンバーの全く違う一期と二期があって、二期の2ndになる)

11分を越えるシンフォニックな長尺曲で、壮麗かつダイナミック。
アニー・ハズラムのクリスタル・ヴォイスはこの曲でも冴えわたっている。

また、ウィッシュボーン・アッシュ Wishbone Ash のギタリスト、
アンディ・パウエルがゲスト参加していて、哀愁感のあるギターソロで
この名曲にさらに叙情的な彩りを加えている。

ウィッシュボーン・アッシュ……これも灰 ash つながりだ。

『燃ゆる灰 Ashes Are Burning』
ルネッサンス Renaissance [1973年] イギリス
1 Can You Understand 「キャン・ユー・アンダースタンド」<9:49>
2 Let It Grow 「レット・イット・グロウ」 <4:15>
3 On the Frontier 「オン・ザ・フロンティア」 <4:53>
4 Carpet of the Sun 「カーペット・オブ・ザ・サン」 <3:31>
5 At the Harbour 「港にて」 <6:50>
6 Ashes Are Burning 「燃ゆる灰」 <11:24>

Ashes Are BurningAshes Are Burning
(1998/09/16)
Renaissance

商品詳細を見る



 
スポンサーサイト
別窓 | ルネッサンス | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Dynamite!! 大晦日運命のカード

12/31 Dynamite!!の追加カード
発表されたからには触れないといけな~い!

印象としては普通にいいカードが揃ったという感じ
その中でも おおっ!と思ったカードは
 高谷裕之 vs 小見川道大
「喧嘩番長」と「柔の餓狼」
これはアグレッシブなすごい試合になりそうだ

あと 山本KID徳郁 vs 金原正徳
所英男 vs マルロン・サンドロ
フェザー級のいい試合がそろった
復帰後連敗中なのに戦極フェザー級王者と
試合できるということに
これといって異論も出ないところは さすがKIDというべきか

あとここに前田吉朗も入るといいんだけど…
 日沖発 vs 前田吉朗
とか これも是非見たい

ウェルター級
 桜井マッハ速人vs 郷野聡寛 は
予想通りだけれどこれもいいカード

ヘビー級の試合では
K-1 World Maxでバダ・ハリにTKO負けはしたものの
自らダメージは無いと言っていた
アリスター・オーフレームの出場も決定!

ここは vs マイティー・モーあたり見たかったところだが
相手は藤田和之に
最近の戦績を比べてみると 正直なところ
9割方アリスターのKO勝ちが見えているようなカード
という気もするが
確かに大晦日Dynamite!!的に盛り上げるには
こちらだろう

あと無差別級として
柴田勝頼 vs 泉浩
これはほとんど予想外だったけれど
提示されてみると なるほど
熱いハートのぶつかり合う面白い試合になりそうだ

よくよく見ていくと ほかのイベントだったら十分
メイン・エベント級といえるカードが並んでいると思う
スタンドでがんがん殴り合う度も異様に高くて
いわゆる「お茶の間TV」向きだ

あと青木 川尻 廣田 北岡……五味 のカードが
どうなるかだが…
(あ 桜庭 田村 三崎 近藤も)

…カード …大晦日の
運命のカードといえば

『Turn Of The Cards 運命のカード』
ルネッサンス Renaissance [1974年] イギリス

1) Running Hard 孤独の旅路 9:37
2) Ⅰ Think Of You 君を想う 3:08
3) Things Ⅰ Don’t Understand わたしには解らない 9:32
4) Black Flame 黒き炎 6:29
5) Cold Is Being 冷たい世界 3:04
6) Mother Russia 母なるロシア 9:19

運命のカード運命のカード
(2009/05/20)
ルネッサンス

商品詳細を見る

クラシカルかつシンフォニックな名曲が
ずらりと並んだ傑作アルバム
アニー・ハズラムのヴォーカルは
この頃の曲想に実によく合う
特に絶品の1) 3) 6)
あらためて聴いてみると 今夜のような
12月の静かな雨の降る夜にも しっくりくる感じ

 と 今回も
 Dynamite!!からルネッサンスへと強引な展開で

別窓 | ルネッサンス | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。