蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

サンゴの日にケイト・ブッシュ

3月5日/サンゴの日
「さん(3)ご(5)」の語呂合わせ。世界自然保護基金(WWF)が1996年に制定。


ケイト・ブッシュ Kate Bush
「A Coral Room 珊瑚の部屋」(2005)

ケイト・ブッシュの8thアルバム『Aerial』(2005)<ディスク1「蜂蜜の海」>7曲目。
前作『The Red Shoes』(1993)から12年振り、初の2枚組アルバム。休止期間中の1998年に生まれた息子アルバートに向けての母性愛が感じられる味わい深いアルバム。静かなピアノのみを伴奏に歌われるこの曲も、夢見るような詩情に溢れている。

Oh little spider climbing out of a broken jug
And the pieces will lay there a while
In a house draped in net
In a room filled with coral

【3月5日~今日は何の日】
啓蟄(二十四節気の第3) /サンゴの日 /ミスコンの日(1908年時事新報社が日本初の美人コンテスト) /スチュワーデスの日(1931年日本初のスチュワーデス採用試験結果発表) /東西冷戦の始まり(1946年チャーチル英首相「鉄のカーテン」の演説)
 
スポンサーサイト
別窓 | ブリティッシュ・プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ブログの日とサイモン・フィリップスの誕生日

今日は「ブ(2)ログ(6)」の語呂合せでブログの日。今日もブログ更新。"ブログ"とはウェブログ(Web+Log)の略称であり、もともとはウェブ上の様々な記録(ログ)のことをさしていたもので、転じて個人的な情報・体験・感想・意見などを記録したウェブサイトの通称となった。
ブログを書くことの効用はいろいろと言われている。なかでも、マスコミ文化人の茂木健一郎氏による次の言葉は面白い。

 僕は、人が成長する時のきっかけは「背伸び」だと考えています。
 そして、背伸びをする時に欠かせないのが、他人の目です。
 そういう意味では、ブログは究極の「背伸びマシン」といえるでしょう。  (茂木健一郎『脳を活かす仕事術』)

ブログがふつうの日記と違うところは、インターネットを通じての一般への公開を前提としていることだ。ブログを書く人それぞれに大なり小なり差はあるが"他者の目"を意識している。ブログの効用は、この"他者の目"に負うところが大きいと思う。第三者を設定することで、自分の持つ情報や考えを整理し、第三者へ向けたアウトプットのための技術を工夫することになる。日記は基本、自分にだけわかればいいので、そこが違う(もちろん、日記を書くことにもブログと趣は異なりつつ大きな効用がある)。

今日は、「海苔の日」「抹茶の日」…と、プログレッシヴ音楽の話題につなげにくい記念日。が、ロック~ジャズ系のドラマーであるサイモン・フィリップス(1957-)の誕生日がひっかかった。1992年、TOTOのジェフ・ポーカロが自宅で事故死したあとに、その後任としてTOTOに加入したことで知られるドラマー。他にも様々なロック・バンド、ミュージシャンのサポート・メンバーを務めている。近年は人気ジャズピアニスト・上原ひろみのアルバム『VOICE』(2011)にも参加。そのテクニカルなドラム・プレイはソロ・アルバムでも発揮されていて、まさにプログレ・フュージョンだ。今日の曲は彼の1stソロ『Protocol』(1988)からの3曲目、アルバム同名曲。


サイモン・フィリップス Simon Phillips
「Protocol プロトコル」(1988)


【2月6日~今日は何の日】
海苔の日(702年制定の大宝律令で海苔を年貢に指定) /抹茶の日(「ふ(2)ろ(6)」を茶道の風炉に語呂合わせ) /世界女性器切除根絶の日(2003年アフリカにおける女子割礼儀式の撲滅) /ボブ・マーリーの誕生日(1945-1981) /サイモン・フィリップス(ds)の誕生日(1957-) /クリムトの命日(1862-1918)
 
別窓 | ブリティッシュ・プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

フォル・マンザネラの誕生日


フィル・マンザネラ Phil Manzanera 「Miss Shapiro ミス・シャピロ」(1975)

昨日はフィル・コリンズ(1951) の誕生日。今日はギタリストの方のフィルであるフィル・マンザネラhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%8D%E3%83%A9 の誕生日。クワイエット・サン(1970)を経てロキシー・ミュージック(1971-)に参加。また、ソロ・アーティストとしても活躍している。
今日の曲は1975年の1stソロ・アルバム『ダイヤモンド・ヘッド Diamond Head 』から6曲目。ヴォーカルはブライアン・イーノ。1stということ、まだ70年代のブーム中でありプログレとして受け取られていたことなどもあって一番印象深いアルバムであり、今でもマンザネラの最高傑作とされることも多いアルバムだ。参加メンバーも再編クワイエット・サン〔ブライアン・イーノ(kb, g, vo)、デイヴ・ジャレット(kb)、ビル・マコーミック(b)、チャールズ・ヘイワード(perc)〕に活動休止中のロキシー・ミュージック〔ジョン・ウェットン(b, vo)、エディ・ジョブソン(str, kb)、アンディ・マッケィ(sax)、ポール・トンプソン(ds)〕の面々、さらにロバート・ワイアット(vo, perc)、イアン・マクドナルド(wind)と超豪華。


【1月31日~今日は何の日】
生命保険の日(1882年日本初の生命保険受取り) /愛妻家の日(「あい(I)さい(31)」)  /防災農地の日(「ぼう(棒=1)さ(3)い(1)」) /五つ子誕生の日(1976年鹿児島市立病院にて) /大江健三郎の誕生日(1935-) /ジョン・ライドンの誕生日(1956-) /ジャイアント馬場の命日(1938-1999)
 
別窓 | ブリティッシュ・プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ロバート・ワイアットの誕生日


ロバート・ワイアット Robert Wyatt
「I'm A Beleiver アイム・ア・ビリーバー(恋に生きよう)」(1974 Live)

今日はロバート・ワイアットの誕生日。ソフト・マシーンのオリジナル・メンバー(ds, vo)。昨日が誕生日だったピンク・フロイドのニック・メイスンとお互いのバンドがデビュー当時の頃からずっと親交がある。ニック・メイスンの誕生日と一日違いというのも面白い。
ワイアットはソフト・マシーンでは1stから4thの1968~1971年に参加していたが次第に志向の相違が顕著になって脱退。マッチング・モール(1971-1972/バンド名は「ソフト・マシーン」のフランス語読みと同じ英語)を結成して2枚のアルバムをリリースした。彼がドラマー兼ヴォーカリストとして活躍したのはここまでで、1973年6月にパーティの際に不慮の転落事故を起こし、下半身不随となってしまい、ドラマーの道を絶たれてしまう。1974年以降は、シンガーとしてソロ活動をしていくのだけど、現在まで自分名義のアルバムだけで19枚のアルバムが発表されていて、他のミュージシャンのアルバムにもゲストとして多数参加している。これも彼の人間性と、個性的なシンガーとしての才能の賜物だろう。その繊細なヴォーカルゆえ、現在「世界一悲しい声」というニック・ネームで知られている。
ニック・メイスンについても昨日取り上げたので、今日はワイアットがヴォーカル、メイスンがドラムという1974年の復帰ライヴ映像「I'm A Beleiver 恋に生きよう」。モンキーズの1966年全米No.1ヒット曲のカヴァーで、1974年9月にシングル・リリースされたゴキゲンな曲だ。参加メンバーはマイク・オールドフィールド(g)、ヒュー・ホッパー(b)、フレッド・フリス(g, vln)、デイヴ・スチュアート(kb)ら、そうそうたるカンタベリー派ミュージシャン。

【プログレ・ミニ知識】
ロバート・ワイアットのピンク・フロイド・メンバーとの音楽交流
・シド・バレットの1stソロ『帽子が笑う…不気味に』にドラムで参加(2,3曲目)
・シンガーとしての復帰作2nd『ロック・ボトム Rock Botom』(1974)はニック・メイスンがプロデュース
・3rdソロ『Ruth Is Stranger Than Richard』(1975)はニック・メイスンとの共同プロデュース
・ニック・メイスンの1stソロ『空想感覚 Fictitious Sports』(1981)にメイン・ヴォーカルで参加
・10thソロ『クックーランド Cuckooland』(2003)にデイヴ・ギルモアが参加
・フィル・マンザネラの6thソロ『6pm』(2004)でデイヴ・ギルモアと参加共演
・デイヴ・ギルモア3rdソロ『オン・アン・アイランド On An Island』(2006)に参加
などなど…

最後に「オー・キャロライン」(マッチング・モール/1971)に並ぶワイアットの名曲を。
2ndソロ『ロック・ボトム』(1974)のオープニング・ナンバー。


ロバート・ワイアット Robert Wyatt
「Sea Song シー・ソング」(1974)


【1月28日~今日は何の日】
コピーライターの日(1956万国著作権条約) /宇宙からの警告の日(1986年、スペースシャトル・チャレンジャー爆発事故)/衣類乾燥機の日(1994年「衣類(1)ふん(2)わり(8)」) /データ・プライバシーの日(2008年) /逸話の日(「い(1)つ(2)わ(8)」) /天正遣欧少年使節出航の日(1582年) /初不動(1年で最初の不動明王縁日) /初荒神(1年で最初の三宝荒神縁日) /ジャクソン・ポロックの誕生日(1912-1956) /ドストエフスキーの命日(1821-1881) /石ノ森章太郎の命日(1938-1998)
 
別窓 | ブリティッシュ・プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

デイヴ・グリーンスレイドの誕生日


 グリーンスレイド Greenslade
 「ピルグリムス・プログレス Pilgrims Progress」(1973)

今日はデイヴ・グリーンスレイドの誕生日。英国ジャズロックの代表的バンド、コロシアム(1968~1971)のキーボーダーであり、コロシアム解散後は、自らの名前を冠したグリーンスレイド(1972-1977/2000-)を結成して活躍した。
グリーンスレイドのドラマーだったアンディ・マカロックの11月19日の誕生日のブログでも触れたとおり、グリーンスレイドはギターレス・ダブルキーボード(デイヴ・グリーンスレイド&デイヴ・ローソン)というプログレ界でもユニークな編成のバンド。クールさの中にヒューマンな暖かみが混ざり合った、まさに英国ロックの最高のいいとこどりな曲を確かな演奏力で聞かせてくれる。アグレッシヴでワクワクする演奏が一転して優しい愛すべきメロディに変化していく快感。

【プログレ・ミニ知識】
ギターレス・ダブルキーボードという編成ではレア・バード(グラハム・フィールズ&デヴィッド・カフィネッティ)も知られているが、普通はギタリストがいなくてもキーボードは一人だったり(E.L.&P.、ナイス、エッグ、クォターマス、トレース、レフュジー、トリアンヴィラート、トリトナス、トリップ、トリアーデ、ドクターZなど)、ダブルキーボードでもギタリストがいたり(プロコルハルム、エニド、グリフォン、バンコ、ロカンダ・デッレ・ファーテ、コルテ・ディ・ミラコリ、ウォーリーなど)する。
あと、ギターレス・ダブルキーボードといえば、ドイツのシュテルン・コンボ・マイセンとか、イタリアのレ・オルメの4thあたりかな…


【1月18日~今日は何の日】
118番の日(海上保安庁実施) /都バスの日(1924年東京市営乗合バス営業開始)/振袖火事の日(1657年死者10万人の明暦の大火) /ジル・ドゥルーズの誕生日(1925-1995)
 
別窓 | ブリティッシュ・プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。