蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ヨーコ・オノの誕生日


ヨーコ・オノ Yoko Ono
「Walking On Thin Ice ウォーキング・オン・シン・アイス」(1980)

今日は小野洋子=ヨーコ・オノ・レノン(1933-)の誕生日。
ヨーコがジョン・レノンと結婚したのは1969年、36歳の時。以後、彼女は世界で最も有名な日本人女性の一人となった。50年代末からニューヨークで前衛芸術のパフォーマーとして活躍していたヨーコがジョン・レノン、ひいてはビートルズの前衛化に与えた影響は大きい。そのため一部のビートルズ・ファンから批判されることもあるが(当時は逆に小野洋子ほどの芸術家がなぜビートルズのメンバーなんかと…と顔をしかめる人達もいたらしい)、そこは置いておいて個人的にはヨーコの芸術は面白いと感じる。ジョンの不朽の名曲「イマジン」(1970)の歌詞が、ヨーコの詩集『グレープフルーツ』の影響を受けていることも知られている。

「ウォーキング・オン・シン・アイス(薄氷を歩む)」は、ジョン射殺された1980年12月8日のまさにその日に、ヨーコと一緒にミックス作業をしていた曲。ヨーコらしい前衛的なムードを持ったディスコ・ナンバーで、プログレ曲としても十分聴ける。英語で歌う時のヨーコのヴォーカルはなかなかいい。ダンス・チャート13位に入るヒットとなり、その後、1983年にエルヴィス・コステロもカバーした。


【2月18日~今日は何の日】
嫌煙運動の日(1978年~) /エアメールの日(1911年インドで世界初の航空郵便) /冥王星の日(1930年発見) /方言の日(奄美方言の保存伝承) /ヨーコ・オノの誕生日(1933-)
 
スポンサーサイト
別窓 | プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ジャズの日にアモン・デュールⅡ/フィル・ミラーの誕生日

今日はジャズの日。東京の「JAZZ DAY実行委員会」が2001年から実施。それにしてもなんで今日? 実はJaunaru+22→JA22→JAZZということだそうで、よく考えました!である。この方式でプログレの日とか考えられないかなと思ったけど……いまのところ無理。

プログレというと、ロックがロック以外の音楽ジャンルの要素を取り入れてその表現の幅を拡大したという側面がある。そこで、ジャズを取り入れたというものも多いわけだけれど、曲のタイトルに臆面もなく「Jazz」とつけたものはなかなか見当たらない。そんな中、ありました、ユートピア、というかアモン・デュールⅡと言うべきバンドの1曲「Jazz Kiste ジャズの小箱」。1973年、ユートピア名義でリリースした同名アルバムの8曲目。中期ソフト・マシーンが遊んでるという感じの演奏が楽しくもある。


ユートピア(アモン・デュールⅡ) Utopia(Amon DuulⅡ)
「Jazz Kiste ジャズの小箱」(1973)

さて、ジャズの日の今日はフィル・ミラー(1949-)の誕生日でもある。デリヴァリー(1968-1971)、マッチング・モール(1971-1972) ハットフィールド&ザ・ノース(1972-1973)、ナショナル・ヘルス(1975-1981)で活躍したカンタベリー派の代表的ギタリストの一人。80年代中盤からはソロや自らのリーダー・バンド、イン・カフーツで活動し、いい感じにジャズ色が濃くなっていく。1988年の2ndソロ『Split Seconds』は、今日のジャズの日に聴くのもふさわしいような素晴らしいアルバムだ。その中から4、5曲目「Truly Yours」「Double Talk」を続けて。


フィル・ミラー Phil Miller
「Truly Yours~Double Talk」(1988)


【1月22日~今日は何の日】
ジャズの日 /カレーライスの日(1982年全国小中学校でカレー給食) /飛行船の日(1916年日本初の飛行船「雄飛号」飛行) /ウクライナ統一の日(1919年) /フランシス・ベーコンの誕生日(1561-1626) /バイロンの誕生日(1788-1824) /安部公房の命日(1924-1993)
 
別窓 | プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

13日の金曜日だけどデヴィッド・アレン

今日は13日の金曜日(http://ja.wikipedia.org/wiki/13%E6%97%A5%E3%81%AE%E9%87%91%E6%9B%9C%E6%97%A5)。イギリス、ドイツ、フランスなど欧米の一部のキリスト教圏で不吉とされる日。今年は当たり年で、1月、4月、7月に13日の金曜日がある。俗説では、イエス・キリストが十字架にはりつけられて処刑された日と言われたりするが、聖書にもそのような記述は無く、迷信らしい。それでも、13日の金曜日というと人気ホラー映画シリーズ(1980年に第1作公開/2009年には11作目が公開)のタイトルにもなっていて、日本でも不吉と感じる人は少なからずいたりする。
そもそも「13」がなぜ不吉と感じられるのかというと、「12+1」であるからではないかとも思われる。2でも3でも4でも割り切れる「12」はダースという単位も作られる程に重宝されている数字。1年も12ヵ月に、時計も12時に別れていることで、分割してスケジュールを考えやすいという利点が確かにある。ところがここに1が足され13となると、素数になり、扱いづらい数になる。13番目は、調和を乱す不吉な邪魔者なのだ。
ところが、2012年地球滅亡論の根拠となったマヤ暦は一周期を260日(13日×20サイクル)とするツォルキン暦と、360日(20日×18ヶ月)+ワイエブ月(5日)で1年を365日とするハアブ暦を組み合わせていて、ここでは13が基本となる数字として登場している。さらに、放送業界で使われるクールという単位は1年を4分割したものだが、そうすると1クール=13週となる(7日×13週×4クール=364日で、これに1日足せば365日)。1年を考えると不思議とこの「13」という数字が浮かび上がってくる。
ここでちょっとトランプのカードを思い浮かべてほしい。スペード、ハート、ダイヤ、クラブの各スートはそれぞれ13枚。13×4という組み合わせ、これもクールと同じだ。
また、字画数による姓名判断では「13」は吉数「1」と「3」が組み合わさった数字で、吉数とされている(ただし、1+3=4という凶数も秘められているので注意も必要とされる)。

さて、今日はプログレ関連だけで見渡しても、次の4人の誕生日である。なかなかセンスのいいアーティストが並んでいて賑やかだ。
 トレヴァー・ラビン Trevor Rabin (1954-/イエス、マンフレッド・マンズ・アースバンド)
 デヴィッド・アレン Daevid Allen (1938-/ゴング、ソフト・マシーン)、
 ジョン・リーズ John Lees (1947-/バークレイ・ジェームス・ハーヴェスト)
 ペッカ・ポーヨラ Pekka Pohjola (1952-2008/ウィグワム)

今日は、ゴングのオリジナル・メンバー、デヴィッド・アレンのスピリチュアルな1990年のアルバムからの曲を聴いて、気にしさえしなければ効力を発揮しない「13日の金曜日」などは流してしまおう。

http://www.youtube.com/watch?v=Zot7HTq7Aek
デヴィッド・アレン Daevid Allen "Voice of Om"(1990)


【1月13日~今日は何の日】
ピース記念日(1946年、高級たばこ「ピース」発売) /咸臨丸出航記念日(1860(万延元)年、品川沖を出航) /初虚空蔵(一年最初の虚空蔵の縁日)
 
別窓 | プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

瞳の日のプログレ・ジャケット

正月3日の今日は瞳の日。「ひと(1)み(3)」の語呂合せで、眼鏡・コンタクトレンズ業界が制定したということらしい。

瞳といえば、プログレのアルバム・ジャケットにも瞳をモチーフにした印象的なデザインがいくつかあるので、そのうちよく目にするものを挙げてみよう。

プログレ 眼のジャケット・アート


こうして並べてみると、なかなかすごい眼力を感じる。
上段左から
1 スーパーシスター Supersister
 『To The Highest Bidder トゥ・ザ・ハイエスト・ビッダー』
 オランダのプログレッシヴ・ジャズロック・バンド。1971年2ndアルバム。
2 ネクター Nektar 『Journey To The Center Of The Eye』
 イギリス出身でドイツで活動したプログレッシヴロック・バンド。1971年1stアルバム。
3 ザ・グレイテスト・ショウ・オン・アース The Greatest Show On Earth
 『Horizons ホライゾンズ』
 イギリスのプログレッシヴロック・バンド。1970年1stアルバム。
下段左から
1 プリティ・シングス Pretty Things 『Savage Eye』
 イギリスのサイケデリック~ハードロック・バンド。1976年8thアルバム。
2 ノヴァ Nova 『Blink ブリンク』
 イタリアのプログレッシヴ・ジャズロック・バンド。1975年1stアルバム。
3 エスカトン Eskaton 『Fiction フィクション』
 フランスのプログレッシヴ・ジャズロック・バンド。1982年4thアルバム。

この中からの1曲。

ザ・グレイテスト・ショウ・オン・アース The Greatest Show On Earth
「Sunflower Morning ひまわりの朝」(1970)

ハーヴェスト・レーベルから70年代初期に2枚のアルバムをリリースしているバンド。アルバム最初の曲で、オルガン、ギター、ベース、ドラム、ホーンによるドラマチックながら英国らしい翳りを感じる演奏を聞かせてくれる。ヴォーカルにはジェネシスのピーター・ゲイブリエルっぽいところもある。このビンテージ感でまさに70年初期ブリティッシュ・ロック好きのハートを射抜く好アルバムだ。
 
【1月3日~今日は何の日】
瞳の日 /駆け落ちの日(1938年、女優の岡田嘉子が杉本良吉とソ連亡命) /戊辰戦争開戦の日(1868(慶応4)年) /J.R.R.トールキンの誕生日(1982-1973) /ジョージ・マーティンの誕生日(1926-)
 
別窓 | プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Merry Progmas!


「Progmas 2011 - The 12 Days of Christmas, Progressive Rock style

今日はクリスマス・イブ♪
プログレ・ファンが思わず微笑んでしまう動画があったのでアップしました。
よいクリスマスを!


【12月24日~今日は何の日】
クリスマス・イヴ/日本初のFM放送局開局日(1957年)/三船敏郎の命日(1920-1997)
 

別窓 | プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。