蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~

ホーム・ページ「プログレ・ファンタグラフィ」の管理人のブログです。南九州(宮崎・鹿児島)からあまり出たことのない管理人がのんびりやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

クラフトワーク ~Retrospective 1 2 3 4 5 6 7 8~

4月10日から17日にかけてクラフトワークがニューヨーク近代美術館でスペシャル・ライヴ<Retrospective 1 2 3 4 5 6 7 8>を行っている。初日の『Autobahn アウトバーン』(1974)から『Radio-Activity 放射能』(1975)、『Trans Europe Express ヨーロッパ特急』(1977)、『The Man-Machine 人間解体』(1978)、『Computer World コンピューター・ワールド』(1981)、『Techno Pop テクノポップ』(1986)、『The Mix ザ・ミックス』(1991)、『Tour De France トゥール・ド・フランス』(2003)と8枚のアルバムを8夜連続で再現するというもの。

昔からクラフトワークでは「Radioactivity 放射能」(1975) が一番好き(初期3枚を除いた場合)。
ヘヴィでポップなテーマ、ジャケットアートを含めたレトロ感、イントロの高揚感、アルバム全体のバランス。

「放射能」<レトロスペクティヴ 1 2 3 4 5 6 7 8>




1)ガイガーカウンター~ 2)放射能


 


スポンサーサイト
別窓 | クラフトワーク | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

クラフトワーク 

4月10日から17日にかけてクラフトワークがニューヨーク近代美術館でスペシャル・ライヴ<Retrospective 1 2 3 4 5 6 7 8>を行っている。初日の『Autobahn アウトバーン』(1974)から『Radio-Activity 放射能』(1975)、『Trans Europe Express ヨーロッパ特急』(1977)、『The Man-Machine 人間解体』(1978)、『Computer World コンピューター・ワールド』(1981)、『Techno Pop テクノポップ』(1986)、『The Mix ザ・ミックス』(1991)、『Tour De France トゥール・ド・フランス』(2003)と8枚のアルバムを8夜連続で再現するというもの。

昔からクラフトワークでは「Radioactivity 放射能」(1975) が一番好き(初期3枚を除いた場合)。
ヘヴィでポップなテーマ、ジャケットアートを含めたレトロ感、イントロの高揚感、アルバム全体のバランス。

「放射能」<レトロスペクティヴ 1 2 3 4 5 6 7 8>




1)ガイガーカウンター~ 2)放射能


 


別窓 | クラフトワーク | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

サンゴの日にケイト・ブッシュ

3月5日/サンゴの日
「さん(3)ご(5)」の語呂合わせ。世界自然保護基金(WWF)が1996年に制定。


ケイト・ブッシュ Kate Bush
「A Coral Room 珊瑚の部屋」(2005)

ケイト・ブッシュの8thアルバム『Aerial』(2005)<ディスク1「蜂蜜の海」>7曲目。
前作『The Red Shoes』(1993)から12年振り、初の2枚組アルバム。休止期間中の1998年に生まれた息子アルバートに向けての母性愛が感じられる味わい深いアルバム。静かなピアノのみを伴奏に歌われるこの曲も、夢見るような詩情に溢れている。

Oh little spider climbing out of a broken jug
And the pieces will lay there a while
In a house draped in net
In a room filled with coral

【3月5日~今日は何の日】
啓蟄(二十四節気の第3) /サンゴの日 /ミスコンの日(1908年時事新報社が日本初の美人コンテスト) /スチュワーデスの日(1931年日本初のスチュワーデス採用試験結果発表) /東西冷戦の始まり(1946年チャーチル英首相「鉄のカーテン」の演説)
 
別窓 | ブリティッシュ・プログレ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

スタインベックの誕生日にキャメル


キャメル Camel 「Rose of Sharon ローズ・オブ・シャロン」(1991)

今日はアメリカ・カリフォルニア出身の小説家、スタインベックの誕生日(1902-1968)。スタインベックの代表作といえばエリア・カザン監督で映画化された『エデンの東』(1952)と…ジョン・フォード監督で映画化された『怒りの葡萄』(1939)。1930年代のアメリカで新天地をカリフォルニアに求めて旅立つオクラホマの貧しい農家ジョード一家を通して描かれる社会派小説。
この作品は、プログレ・ファン、そしてキャメル・ファンご存知のとおり、キャメル1991年のアルバム『ダスト・アンド・ドリームス~怒りの葡萄』のモチーフとなった。1984年の『ステイショナリー・トラベラー』以来8年ぶり、ただ一人のオリジナル・メンバーであるアンディ・ラティマー(g, vo)が再び主導して作製。70年代キャメルのファンタジックでドラマチックなメロディが復活した傑作アルバム。今日の曲はラティマーがスコットランドの女性シンガー、マエ・マッケンナとデュエットする「Rose of Sharon ローズ・オブ・シャロン」。

4曲あるヴォーカル・ナンバーのうちもう1曲、旅をイメージした最も躍動感のあるナンバー「Mother Road マザー・ロード」も挙げておきたい。1997年のライヴアルバム『Coming of Age』収録のヴァージョン。


キャメル Camel 「Mother Road マザー・ロード」(1997 Live)


【2月27日~今日は何の日】
女性雑誌の日(1693年ロンドン『ザ・レディス・マーキュリー』創刊) /冬の恋人の日(バレンタインデーとホワイトデーの中間日) /ドミニカ共和国独立記念日(1844年) /ルドルフ・シュタイナーの誕生日(1861-1925) /スタインベックの誕生日(1902-1968) /ディクスン・カーの忌日(1906-1977)
 
別窓 | キャメル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ジョージ・ハリスンの誕生日


ジョージ・ハリスン George Harrison
「Beware Of Darkness ビウェア・オブ・ダークネス」(1970)

今日はジョージ・ハリスンの誕生日。ぼくの洋楽の入口はビートルズ、という当時の王道(すでに解散していたけど)からだったけど、そこからプログレへと興味が向かうとき、ジョージ・ハリスンの東洋志向や電子音楽の試みはジョンのナンセンス/前衛志向とあわせてかなりの部分影響された。ビートルズのミュージシャンとしてのテクニックは、ポール・マッカートニーが少し秀いでているぐらいであまり高い評価をされることがないけれど、そのアイディアと万人の心に訴えかけるセンスには奇跡的なものがあった。メンバー変更が最初期(メジャー・デビュー前)だけというところもよかった。それらの点は、ヴォーカル専任のメンバーがいないというところも含めてぼくの愛するピンク・フロイドとの共通点とも見える(フロイドの場合は、初期とはいえメジャー・デビュー後にメンバー変更せざるをえなくなったけど)。

さて、ジョージ・ハリスンの初期プログレ的な1st&2ndソロ『Wonderwall ~不思議の壁』(1968)、『Electronic Sound ~電子音楽の世界』(1969)は以前この蒼空ブログでも触れさせてもらった。今日の曲は、続く傑作3rdソロ『All Things Must Pass ~オール・シングス・マスト・パス』(1970)のアナログ盤(なんと3枚組)の2枚目1曲目。もし、70年代プログレ・アルバム的に邦題をつけるとしたら『万物流転』だろうか。この曲はアメリカで90年代から活動するプログレ・バンド、スポックス・ビアードがカヴァーし、1996年の2ndアルバムのタイトルにまで採用している。ジョージらしい内相的なセンシティヴさと、UKの翳り的な重みが同居している、派手ではないが印象的な曲。バックの演奏は「いとしのレイラ」が有名なデレク・アンド・ザ・ドミノス。

『電子音楽の世界』は、シンコー・ミュージック刊『UKプログレッシヴ・ロック メインストリーム・エディション』(2004)に掲載されていて、そのアルバム内容からしても納得したのだけど、なぜか『オール・シングス・マスト・パス』も載せられていて意外に思った。その評には「プログレではないが周辺作品としては最高級の1枚だ」とあって、同じくその下にはポール・マッカートニーの『ラム』(1971)『バンド・オン・ザ・ラン』(1973)が並んでいた。(ビートルズは『リボルバー』(1966)~『アビイ・ロード』(1969)までのうちの4作が掲載)こういったセレクトがこのシンコー・ミュージック・プログレ本の好きなところだ。


【2月25日~今日は何の日】
箱根用水完成の日(1670年) /夕刊紙の日(1969年『夕刊フジ』創刊) /エドゥサ革命記念日 (フィリピン/1986年) /ルノワールの誕生日(1841-1919) /ジョージ・ハリスンの誕生日(1943-2001) /道眞忌・菅原道眞の忌日(845-903) /茂吉忌・斎藤茂吉の忌(1882-1953)
 
別窓 | ビートルズ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 蒼空のファンタジア ~プログレと幻想趣味~ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。